立地について

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

立地について

立地について

2020/05/13 下北沢でマクドナルドは間口の広狭で売上予測と実績が大変化した。

京王電鉄井の頭線と小田急小田原線が交差する「下北沢駅(E139°40′14.18″N35°39′29.66″)…

2020/05/12 自由が丘駅西口の四角形地域は売上予測が高い。

東急東横線の「自由が丘駅(E139°40′18.95″N35°36′15.65″)」周辺は典型的な中域マーケッ…

2020/05/11 高円寺の本当の核がわかれば売上予測がしやすい

JR中央線の中野駅と阿佐ヶ谷駅の中間にある「高円寺駅」(E139°39′10.56″N35°42′7.72″)…

2020/05/10 十条での売上予測はあまり期待しない方が良い。なぜなら・・

JR埼京線の十条駅(E139°43′31.26″N35°45′26.46″)。 十条駅は西口前に小さな駅前ロー…

2020/05/09 豊田駅前には、高い売上予測の立地でも続けられない物件がある(あった)。

  JR中央線で西の立川駅を出て南下、多摩川を超えた日野駅の次の駅が「豊田駅」で、その次は八王子駅に…

2020/05/07 市ヶ谷は高い売上予測を今後も期待できる有望エリアと言えるかもしれない

市ヶ谷駅(E139°44′20.44″N35°41′16.66″)周辺500m圏は、小売業店舗数は2007年で…

2020/05/06 国立駅南口で完璧な売上予測を成し遂げたマクドナルドと各チェーン店

JR中央線「国立駅」は長らく一橋大学がある南口ばかりが栄えており、北口はほとんど店はなかったが2003年、その…

2020/05/05 学芸大学駅の西を歩けば、高い売上予測ができる範囲がわかるというものだ。

東急電鉄東横線「学芸大学駅」(E139°41′18.47″N35°37′33.14″)の500m圏での小売業年…

2020/04/26 4次メッシュデータが使えるようになって売上予測は格段に進歩した

4次メッシュデータが一般の人でも使えるようになったのは1990年代にGIS(地理情報システム)というパソコンソ…

2020/04/16 デフレ経済の元では売上予測もひったくれもないことになる

経済のデフレ化が始まってから久しい。   これを放置している状態では、売上予測もなにもあったものでは…

TOP