立地について

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

立地について

立地について

2020/06/17 売上予測の実査はこうやる。自転車・駐輪場・交通量・バストラックタクシ・道路種別

RS(ロードサイド)実査フォーマットVer2.1についての解説をします。 ->無料ダウンロード &nbs…

2020/06/15 売上予測の実査はこうやる。土地起伏障害・TG(500m)車

RS(ロードサイド)実査フォーマットVer2.1についての解説をします。   ->無料ダウンロ…

2020/06/14 売上予測の実査はこうやる。居住・事業所・来街施設

RS(ロードサイド)実査フォーマットVer2.1についての解説をします。   ->無料ダウンロ…

2020/06/13 営業日数が増えると売上が上がる店、下がる店

営業日数、営業月数という店がオープンしてから分析当日までの営業期間を売上予測の要素として使うことはよくある。 …

2020/06/12 大規模障害施設、迂回施設をあなどると立地の判定を大きく誤る

大規模障害施設とは、中を横切る道路がないか、通れないために、目的とする場所(店)へ向かうには遠回りをしなくては…

2020/06/11 視界退行が発生する立地はやめておけ

視界退行の理論的根拠は、知覚の認知科学あるいは心理学でよく参照される「ハロー効果」にある。 これは、強い刺激と…

2020/06/10 視界融合が起きないようにしないと誰にも店に気付かない

視界融合は、店や店の看板がその背景にあるいろいろなものと一緒くたになってしまい見えなくなる現象を言う。古くから…

2020/06/09 バスが運んでくるお客さまを見逃すな

バスで買い物に行く。公共交通機関としてバスが登場して以来続いてきた人々の購買行動の一つである。 広域を行くなら…

2020/06/08 タクシーを高齢者に利用しやすくするなら福祉と繁盛が成立する

タクシーは庶民にとって日常的に交通手段として利用するには、高価であるため、近年になるまで、売上に貢献しない要因…

2020/06/07 レジャー性向があると人口が少なくても繁盛できる

レジャー性向とは、自動車道路を往来する運転者や同乗者が「レジャー目的」である傾向のことを言う。または、大きな娯…

TOP