立地に基づいた売上予測、「立地経済学」を作ろうと思う理由

売上予測 30年の実績

03-3538-6603

lv_r

立地に基づいた売上予測、「立地経済学」を作ろうと思う理由

立地経済学 事始め

2021/07/10 立地に基づいた売上予測、「立地経済学」を作ろうと思う理由

「立地に基づいた売上予測」の研究はすでに30年以上やってきた。

店の立地を調べてほしい、新店の売上予測してほしい、売上予測モデルを作ってほしいという要望に応えるというビジネスが30年以上も続いたということだ。

だから、「立地に基づいた売上予測」は、単なる思い付きや絵空事ではないことは確かだ。

そこで、30年たった今、あるていど、まとめておきたいと思う。

もちろん、すでに、立地と売上予測については、多くの原稿や書籍、

そして、このブログ上でたくさん書いてきているのだが、それらは単発的で、つながらないことが多く、決して体系的ではない。そして、何がより事実で、何がより主観的であるかについての明白な自覚がないままに書かれていたと思う。

1812_034_001

これでは、後世の人は、いくらそうした記事をバラバラと読んだところで、今一つ内容を理解できないかもしれない。

これでは、立地は、単なる思い付き、単なる希望的観測と断定してしまうのではないか。それが危惧される。

だから、本日から当分の間、「立地に基づいた売上予測」というテーマで、できる限り、体系的に、そして、分かっていること、分かっていないこと、胸を張って事実と言えることと、これは憶測に近いと思えること、などを、区別しながら、書き留めるようにしたい。

 

そして、できることなら、「立地学」あるいは「立地経済学」と呼べる学問領域を確立するための端緒となって、子々孫々がその実を享受できるような世が来ることを願いたい。

 

 


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP