立地について

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

立地について

立地について

2020/05/22 なぜ地下鉄駅口の周辺はあんまり儲からない立地なのか

地下鉄は、地上を走る鉄道に比べ、立地的に異なる現象を示す。 まず、乗客に目的性が高く、商業性向、すなわち、購買…

2020/05/21 「家賃は3日で返せ」の原則

日本のたいていの店にとって、家賃はとても大きな要素である。 売上がどんなに高くても、家賃が高ければ、どんなに経…

2020/05/20 徒歩客が多いコンビニは角地に出店する

モータリゼーションが本格化するまで、お客と言えば徒歩客ばかりであった。   しかし、今や純然たる徒歩…

2020/05/19 年中無休は言うほど易しいことではない

年中無休を始めに行ったのは、サービス業であっただろうが、これを企業として実現したのは、おそらくマクドナルドとセ…

2020/05/18 側道は家賃が要らない敷地だとも言える

ロードサイド店舗で、到達容易性を高めるのが、「側道」という存在である。     側道が威力…

2020/05/17 横断歩道は道路上での視界性を良好にする働きがある

横断歩道は、徒歩で通る人々にとっても、自動車で通るドライバーにとっても、その動きを止める働きをする。 人は自動…

2020/05/16 地方道は繁盛させる要因を多くもっている。

国道以外の道路を「地方道」と言う。したがって、地方道には、都道府県道、市区町村道、その他道路がある。 &nbs…

2020/05/15 整骨院も、立地の原則を守れば高い売上予測が望まれる。

整骨院は、高齢化社会の到来とともに成長してきたと言ってよい。 単に、高齢者が増えてマーケットが大きくなったとい…

2020/05/14 高層マンションは大きなポテンシャルクラスターPCだ。

一頃より高層マンションが増えてきた。 そのため国勢調査での集計項目が、それまでは、「11階建て以上の共同住宅に…

2020/05/13 下北沢でマクドナルドは間口の広狭で売上予測と実績が大変化した。

京王電鉄井の頭線と小田急小田原線が交差する「下北沢駅(E139°40′14.18″N35°39′29.66″)…

TOP