1にTG、2に動線。3番目に重要な立地のキーワード 視界性評価の妙。連載9-1

売上予測 30年の実績

03-3538-6603

lv_r

1にTG、2に動線。3番目に重要な立地のキーワード 視界性評価の妙。連載9-1

店長の立地,立地について,視界性・看板,飲食店経営

2020/10/26 1にTG、2に動線。3番目に重要な立地のキーワード 視界性評価の妙。連載9-1

もうそろそろクリスマス、そして忘年会。

 

年末年始の大忙し、街は賑わいの季節ですが、

みなさんのお店の調子はいかがですか?

 

ここで、取り返さないともう後はありません。

 

 

さて、すでに立地でもっとも重要なこと、

TG(ティージー)と動線を見てきました。

 

今回はその次、「視界性評価」についてお話しましょう。
この視界性評価は、

「お店は見えなければ、存在しないことと同じ」

というほど重要な概念です。

 

 

ところが、「見える・見えない」について、

多くの人はあまり深く考えないで使っています。

 

だから、ここで正しい考え方を知っておきましょう。
まず第一に、

「視界性」のことを「視認性」とごっちゃにしている人がいます。

 

これらは、まったく違った概念です。

 

「視認性」というのは、

「視覚で捕らえて、『それが何であるか』を認識(識別する)ことまで」

を指します。

 

ですから、とても広い概念で、

 

識別できるためには、

知覚とは別に、

「記憶」とか「体験」とか、「対象についての印象や感情」までも

含んでしまうのです。

 

これに対して、「視界性」とは

単に、人間の目が「対象を知覚するかどうか」

という最初の入り口のことを指します。

 

ですから、これらの言葉は分けて使うようにしてください。

 

 

第二に、

「視界性評価」は、

6つの側面から捉えることができます。

 

それは、

視界障害・

視界融合・

視界退行・

視界縮小・

視界拡張・

 

視界補助の6つです。
視界障害は、一番わかりやすい側面です。
これは、

対象、例えばお店やお店の看板などを

隠してしまうような障害物があるかどうか

を問題にします。

 

例えば、ロードサイドにあっては、

街路樹や電線・電柱がそうですし、

また他の店の看板や建物、陸橋や道路標識など、

視線を遮るものはすべて視界障害です。

 

 

視界障害

1視界障害
もちろん視界障害になるのはこれらだけではありません。車の目前を行くトラックや 店の前に止まっているバスなども立派な視界障害です。
こうした視界障害があると、

店や看板が見えなくなるのはもちろんのこと、

ひどいところでは、道路の両側が街路樹だらけで、

店らしい建物が何も見えないということさえあります。
チェーン店の中にも、

この視界障害に無頓着というか、

お人好しな会社があり、

自社店が立てたポール看板のすぐ手前に

他社の看板を立てられてクレームの一つも入れないでいる。

 

案の定、売上げはどんどん降下して行き、結局閉めてしまった。

 

みなさんはこんなことにならないようよくよくチェックしてください。
視界融合と視界退行は、

ちょっと分かりづらいかもしれません。

 

これは、

「見えるはずなのに見えない」

現象だからです。

 

1にTG、2に動線。3番目に重要な立地のキーワード 視界性評価の妙。連載9-2 へ続く

 

 

 

 

 


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP