店舗開発とは、店舗を“閉”店させること。この極意が分かれば一流。連載10-1

売上予測 30年の実績

03-3538-6603

lv_r

店舗開発とは、店舗を“閉”店させること。この極意が分かれば一流。連載10-1

店長の立地,店舗開発,飲食店経営

2020/10/27 店舗開発とは、店舗を“閉”店させること。この極意が分かれば一流。連載10-1

 

新年の準備はできましたか?一年の計は元旦にあり。

最初の出足が好調ならばはずみがつきます。

さわやかな気持ちでスタートさせて、商売繁盛といきましょう。

 

さて、前号までに、

立地で重要な3概念、TG(ティージー)と動線、視界性評価についてお話ししてきましたが、

じゅうぶん理解できましたでしょうか。

 

ベストの立地だが

 

今回は、少し視点を変えて、「店舗開発」についてお話します。

 

店舗開発とは、文字通り、店舗を開発していくこと、

すなわち、数多くの候補物件のなかから1つを見つけ出し、店舗としてオープンさせることです。

 

これとよく似た行為に

、自分の住まいを見つけて借りる(買う)というのがあります。

 

転勤が多い人ならこの行為はイメージしやすいでしょう。

そうでないひとでも、自分の部屋を借りるというのは想像しやすいはずです。

 

さすがに、

この「物件を借りる」行為は、インターネットだけで済ますという人はまずいない。

 

必ず現地に出向いて、物件とその周辺を調べますね。

そうです、実査をします。

 

環境はどうか、駅から近いか、騒音はないか、日当たりは良いか、買い物に便利か、間取りは気に入るか、など調べることでしょう。

 

同じようなことは、店舗開発でも行います。それが立地調査です。

 

 

しかし、自分の住まい探しと店舗開発では、大事な違い=落とし穴があるのです。

 

これがわからないために、店舗開発で大きな失敗をしてしまう人がいます。

 

 

 

その大事な違いとは何でしょうか?

それは、立地の良否=物件の良否を決める者が違うという点です。

 

自分の住まい探しは、自分さえその立地を気に入りさえすれば良いのですが、

店舗開発はそうではありません。

 

 

自分が気に入っているだけではだめなのです。

 

 

 

店舗開発とは、店舗を“閉”店させること。この極意が分かれば一流。連載10-2 へ続く


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP