不振店に転勤になった時のアピール方法 飲食店経営2015DEC(後半)

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

不振店に転勤になった時のアピール方法 飲食店経営2015DEC(後半)

看板,販売促進,飲食店経営

2018/04/24 不振店に転勤になった時のアピール方法 飲食店経営2015DEC(後半)

しかしです。立地が悪いため不振店になっているとしたら、そういう指南書は何の役にもたちません。アドバイスも効きません。

そもそも何でこんな立地の悪いところに出店したのか、本部の人間に立地を見る目がなかったとしか言いようがありません。

それなのに、不振店になった原因が、店長の能力の無さということになってしまっている。これは悲劇としか言いようがありません。

確かに、オープン当初はそれなりに売れ、繁盛店と見られていたかもしれません。でも、3ヶ月も過ぎるころになると売上はどんどん落ちてきて、当初の半分にも満たない。そんなことが頻繁に起きるのです。

いわゆる、「開店景気」ですね。

あなたが任せられた店の不振原因が立地の悪さにあるとしたらどうします?あなたがどれだけ頑張っても繁盛店にはなりません。そして、あなたの出世は永遠にこないかもしれない・・。

しかも、あなたは立地の素人。いくら立地が悪いと思ってもそれを立証できません。さて、どうしましょう。

しかし、そんな心配はご無用です。あなたは、立地が悪いことの証明なんてする必要はありません。

次の手順で行なえばあなたの努力は必ず報われます。

ステップ1 運営の立て直し。

まず、店舗内の運営を立て直しましょう。それも、あなた好みに。

あなた自身が働いていて楽しいというチームを作りましょう。やり方は千差万別かもしれませんが、あなたの正当な指示がいつでも従業員に喜んで受け入れてもらえるような環境を作りましょう。

従業員には、店長が代わったというだけで反発する人もいます。だから、反発が多少あるくらいで挫けてはいけません。あなたは店舗の理想を掲げ、あなたは店舗の問題点を一つ一つ解決していきます。

そうして、数カ月経って、あなた好みのチームが出来上がっていればベストです。この時点で、売上が回復している必要はありません。

ステップ2 QSCを上司に認めさせる

飲食店の運営に不可欠なことは、QSCが水準以上であることはご存知の通りです。

熱いものが冷めている、店内のそこかしこが汚れている、店員が返事もしないなどというQSCでは絶対にだめです。

あなたの優秀な目線でQSCを納得のいくレベルにまで引き上げておくことです。そして、上司に見てもらいましょう。スーパーバイザー以上なら誰でもOK。そして、あなたの店のQSCを知ってもらいましょう。

ここでのポイントは、その人達に「何でこんなにQSCが高い店なのに売上が今一パッとしないのかなあ」と思わせることです。

ステップ3 POPパフォーマンスを見せつける

さあ、あなたの最後の切り札です。

この店が営業努力だけではどうにもならない最悪の立地にあることを知らせる段階です。

ここであなたの本当の真価が問われます。

まず、大きなPOPをいくつも用意しましょう。もし、できることなら、人間が入れる着ぐるみ、どんなキャラクターでも良いですから用意しましょう。

そして、あなたはチームをいくつか作ります。そして、着ぐるみとPOPをもって、駅前でチラシ配りをしましょう。チラシは何でもいいです。招待券でも良いでしょう。それらを配りながら、大きな声で言ってください。「○○店です。宜しくお願いしまーす」。駅に降り立った人すべてに見えるように、行きわたるようにチラシ・招待券を配りましょう。

この活動を最低1週間は続けてください。

きっとこの活動をしてもお店は決して不振店から回復することはないでしょう。

それでも、良いのです。あなたがこの活動をしたことによって、たくさんの人が、「あの店たいへんなんだなあ」と思わせるだけで。

この活動はあなたが言わなくても、必ず本部にいるスタッフに伝わります。

「あの店はやっぱり立地が悪かったんだなあ。店長があそこまでして頑張ったのに売上が上がらないのだもの。店長には悪いことをした」

きっとこうなります。必ずあなたはチャンスをものにできます。

Image138_ed

2

サンドイッチマンも古くからある効果的な看板。否が応でもこうした活動ができるのは、店のチーム力の証。店が努力していることをアピールするにも効果的。

 

 
「売上アップ」の関連記事
●突然お客が来なくなった理由 (飲食店経営10月号) 投稿日 : 2015年9月25日
●商圏調査で売上を上げる3つの方法 2016年3月号 投稿日 : 2016年2月25日
●永続的な繁盛に「地域の小学校」が重要である理由1/3【店舗立地のソルブ通信】2017/11/30
●永続的な繁盛に「地域の小学校」が重要である理由2/3【店舗立地のソルブ通信】2017/11/30
●永続的な繁盛に「地域の小学校」が重要である理由3/3【店舗立地のソルブ通信】2017/11/30
●1980年代マクドナルドには劇的な売上アップが2回あった。
●売上アップには、立地の改善による方法もある。
●飲食店の経営をバラ色にする立地 飲食店経営2015AUG(前半)
●飲食店の経営をバラ色にする立地 飲食店経営2015AUG(後半)
●お客様アンケートの賢いやり方 飲食店経営2015NOV (前半)
●お客様アンケートの賢いやり方 飲食店経営2015NOV (後半)
●不振店に転勤になった時のアピール方法 飲食店経営2015DEC(前半)

 

 

有限会社ソルブ

電話番号:048-711-7195
住所 〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP