立地の支援

有限会社ソルブ

048-711-7195

〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

lv

立地の支援

店舗立地のことなら何でもお任せください

個人向け立地相談

Skypeを使ってご相談にのります

スカイプ

当社では、Skypeを使って個人の出店立地、開業に関わるお悩みをお伺いします。
「立地について専門家のアドバイスが欲しい」「出店候補物件の絞り込みをしたい」「実査(実地調査)のポイントを知りたい」など出店や開業に関わる問題は実に様々です。
専門家のちょっとしたアドバイスで解決できる問題、腰を据えて取り組まなければならない問題もあります。
その場で解決できることであれば、その場で解決します。

すぐには解決できないような案件であれば、プロの視点から解決の方法をアドバイスさせていただきます。
なお、出店立地、開業のことあれば個人、法人は問いません。
平日や休日、いつでもご相談いただけますが、事前のご予約をお願いいたします。
定額料金はかからず、ご相談を受けた時間だけ、1時間につき10,800円(税込)のみとなります。
お支払いに関してはその都度、前払いとなり、契約は顧問契約書を締結いたします。
事前にお電話でご相談内容をお伺いし、今後の進め方などをご説明いたしますので、まずはお電話または専用フォームよりお問い合わせください。

経営者向け立地コンサルティング

立地眼を伝授し、多店舗展開の基盤構築をサポートします

立地コンサルティング

ショップビジネスを興し、多店舗化したいのであれば、経営者・起業家には立地の良否を見分ける「立地眼」が必要です。
店舗立地は商品、サービスと同じか、それ以上に重要です。
自社の商品やサービスの本質分かっているのが経営者・起業家ならば、そのビジネスに最適な立地を見つけられるのも経営者・起業家です。

例えば、1970年代、多くの外食チェーンが日本に上陸したことをご存知でしょうか。
統計データや店舗開発、商圏調査、飲食店、東京、その意味においては、どこのチェーンもスタートラインは同じはずでした。
ところが、四半世紀を経て生き残ることができたのは、ほんの一握りの企業だけでした。
その成否を分けた最も大きな要因こそ、経営者・起業家の「立地眼」に他なりません。
「立地眼」の習得は、ビジネスを考えた経営者が、次になすべき最も重要な仕事なのです。
しかし、「立地眼」には磨き方があります。
立地を見極める能力は決して天性のものではなく、時間とお金を惜しまず自らが努力するしかありません。
過去の成功したチェーン経営者は、0(ゼロ)からそれに果敢に挑戦しました。
しかし、今は体系化された「立地理論SORBICS」があります。
そして理論を身につけるためのメソッドもあります。
先人たちが掛けた数分の一の労力、努力で立地眼を磨くことができる時代になっています。
「立地眼」を磨くブレイン、立地戦略を支えるパートナーとして、ぜひ当社をご活用ください。

「立地眼」コンサルティングにおける主な取り組み

■定例ミーティング(兼立地勉強会)
■出店会議のオブザーブ
■新規出店事案の立地相談
■既存店の立地改善アドバイス
■実地調査の同行または代行
■社内研修などの企画・立案
■その他、立地・経営に関わるご相談
具体的な実施内容・実施方法につきましては、経営者様とのご面談により、経営課題などをヒアリングした上で、ご契約企業ごとに企画・ご提案いたします。

立地眼コンサルティング

モデルケースのご紹介

モデルケース

そうざい店チェーン
(全国100店舗)

参加者:代表取締役 店舗開発部長
○定例ミーティング(月2回)
・立地勉強会・新規出店事案のご相談
○出店候補物件の実査

居酒屋チェーン
(全国300店舗)

参加者:代表取締役会長 代表取締役社長
○定例ミーティング(月1回)
・立地勉強会・新規出店事案のご相談
○店舗運営全般に関するご相談

ラーメン店チェーン
(関西15店舗)

参加者:代表取締役 専務取締役
○新規出店事案のご相談(適宜、電話にて)
○出店候補エリアの実査同行(物件探し)

店舗開発会社
(開発実績200店舗)

参加者:代表取締役ほか
○定例ミーティング(月1回)・立地勉強会
○各種研修等の企画  ○調査担当者の育成支援

リサイクルショップチェーン
(首都圏100店舗)

参加者:代表取締役会長 代表取締役社長
○定例ミーティング(月2回)・立地勉強会
○新規出店事案のご相談 ○出店会議オブザーブ

居酒屋チェーン
(東京10店舗)

参加者:代表取締役
○新規出店事案のご相談(適宜、電話にて)
○出店候補物件の実査同行(レポート作成)

高精度/売上予測コンサルティング

経営者の分身たる売上予測スペシャリストを育成します

経営者

経営者の「立地眼」修得がチェーンの基盤を構築する第一歩とするならば、第二歩目は経営者の分身たる「売上予測スペシャリスト」を育成することです。
「経営者の分身たる」とは、経営者と同じ視点で判断できるということです。
新店の立地評価に甘くなりがちな店舗開発部門、反対に辛口になりがちな営業部門の視点ではなく、公平で客観的な視点であることが重要です。

「売上予測スペシャリスト」とは、自社の業種業態と立地に応じた売上予測ができる人材を指し、新店候補物件の立地を速やかに判定する調査担当者であり、立地・商圏にまつわるデータと売上との関連性をひも解くデータ・サイエンティストでもあります。
チェーン企業が継続的に発展していくためには、売上予測スペシャリストを育成し、経営者の「立地眼」を組織的に共有すること、また立地と売上に関わる諸事象を科学的に検証し、ノウハウとして蓄積することが不可欠です。
本コンサルティングでは、プロジェクトメンバーに売上予測スペシャリストとしてのスキルを実践的に伝授し、業態における高精度/売上予測の実現に取り組みます。

出店調査部の設立 その目的・目標

出店調査部設立の目的・目標は、主に「高精度/売上予測モデルの構築」「売上予測スペシャリストの育成」「立地・売上に関する諸問題の解決」が挙げられます。
売上予測モデルとは、数値化された立地や商圏の要因から理論売上(売上予測値)を導き出す計算式のことです。

出店調査

売上予測モデルの構築

本コンサルティングでは、重回帰分析をベースに、貴社業態の売上予測モデルを構築します。
構築の主体者は貴社の担当者(プロジェクトメンバー)です。
林原安徳は構築手法を指導し、修正済み重相関係数0.9以上の高精度モデルの達成をサポートします。
高精度/売上予測モデルを構築し、実戦的に保守、運用していくことが、売上予測スペシャリストの基本任務ですが、その遂行には専門的な技能が必要です。
効率的に実地調査する能力、数値データを正しく取り扱う手法、統計学・多変量解析に関する知見、立地と売上の関連性を見極める論理性、経営者へのプレゼン能力など、プロジェクトメンバーは本コンサルティングを通してこれらのスキルを身につけます。
立地と売上の関係性を解明することは、チェーンの発展に新しい展望をもたらします。
例えば、出店戦略の策定ではどのエリアにどれだけ出店できるのか、優先すべき立地はどこか、などを把握できれば、店舗開発が受身から攻めへと転じます。
また、個店ごとの立地・商圏特性を把握することは、マーチャンダイジングやプロモーションなどにも有用です。
本コンサルティングは、様々な経営課題解決の糸口となります。

出店調査部の設立 における主な取り組み

■高精度/売上予測モデル構築の指導
・既存店実査の手法(実査への同行)
・統計学の基礎知識
・分析のプロセス
・多変量解析の実践的手法
・立地要因の数値化における実践的手法
・運用シート
・立地評価基準書の策定
・稟議資料作成
・プレゼン手法

■既存店の立地改善指導
・店舗視界性改善
・野立て看板設置計画策定
・サイネフェクト看板

■出店戦略に関わる指導
・出店候補エリア実査
・出店戦略マップ作成
・ブランデリア出店戦略構築

■社内研修

■その他、立地・店舗開発に関わる取り組み全般

モデルケースのご紹介

モデルケース

ファストフードチェーン
(全国5000店舗)

○ロードサイド店舗 売上予測モデル構築
○ビルイン店舗 売上予測モデル構築
○調査部門設立
○社内研修(調査部門新人研修・全社研修)実施
○出店戦略マップ作成
○顧客アンケート実施
○売上伸び率モデル作成

スーパーマーケットチェーン
(首都圏600店舗)

○小型店舗 高精度/売上予測モデル構築
○中型店舗 高精度/売上予測モデル構築
○大型店舗 高精度/売上予測モデル構築
○全社研修実施

書店チェーン
(中京135店舗)

○単独出店 高精度/売上予測モデル構築
○複合出店 高精度/売上予測モデル構築
○顧客アンケート実施

ファミリーレストラン
(北陸75店舗)

○高精度/売上予測モデル構築

アミューズメントチェーン
(首都圏100店舗)

○高精度/売上予測モデル構築
○オペレーションマニュアル作成
○プライムバイザー育成

居酒屋チェーン
(全国300店舗)

○高精度/売上予測モデル構築
○店舗開発支援

うどん店チェーン
(首都圏50店舗)

○ロードサイド店舗 高精度売上予測モデル構築
○ブランデリア出店戦略の実施

ファミリーレストラン
(全国550店舗)

○高精度/売上予測モデル構築
○繁盛立地判定モデル構築
○ブランデリア出店戦略の実施

ファストフード・フランチャイジー(30店舗)

○高精度/売上予測モデル構築
○出店戦略マップ作成
○店舗開発支援

高精度/売上予測モデルの構築

あなたに代わって高精度/売上予測モデルを作ります

売上予測モデル

地判定・売上予測の担当者に代わって、弊社が貴社チェーン店舗展開に欠かせない高精度/売上予測モデルをお作りいたします。
経営者や店舗開発の担当者だけの「立地眼」に頼っているだけでは、チェーン店は前進しません。
科学的な統計解析を行い、高精度な売上予測モデルを作ることで、素早い出店判断が可能です。
高精度/売上予測モデルは、誰にでも作れるわけではありません。

通常、高精度/売上予測モデルを構築するには、正しいアドバイスと有能なスタッフが真剣に取り組んでも、最低1年はかかります。
当社では、独自の売上予測理論SORBICSをもとに、20年以上に渡りのべ100チェーンを超える高精度/売上予測モデルを提供してきました。
その経験とノウハウを活かすことにより、貴社のスタッフに代わって高精度/売上予測モデルを速く(40日)、手ごろな料金でご提供できるようになりました。

必要なことは、A3のデータ用紙1枚を作成するだけです

後は、すべて当社にお任せください。
データとともにご発注いただきましたら、当社が必要なデータを可能な限り収集し、統計解析を行い、分析報告書をまとめ、運用するためのエクセルファイルと運用マニュアルをお作りして納品いたします。
完成後は運用方法をお伝えしますので、誰でも簡単に運用することが可能です。

出店モデル調査

出店基準シート作成

高精度な「出店基準シート」を代わりに作ります

出店基準シート

高精度な「出店基準シート」があれば、店舗展開は確実に前進します。
店舗開発・立地・売上予測の担当者に代わって、当社が貴社チェーン店舗展開に欠かせない「出店基準シート」をお作りします。
通常、高精度な「出店基準シート」を構築するには、正しいアドバイスと有能なスタッフが真剣に取り組んだとしても、最低3ヶ月はかかります。

弊社では独自の売上予測理論SORBICSをもとに、20年以上に渡る経験とノウハウを活かすことによって、貴社のスタッフに代わって高い精度の「出店基準シート」を速く(40日)、手ごろな料金でご提供できるようになりました。

必要なことは、A3のデータ用紙1枚を作成するだけです

A3のデータ用紙1枚ご用意いただければ、後は当社にお任せください。
データとともにご発注いただきましたら、弊社が必要なデータを可能な限り収集し、統計解析を行った上で分析報告書をまとめ、運用するための「出店基準シート」・分析ファイルと運用マニュアルをお作りして納品いたします。
完成後は運用方法をお伝えしますので、誰でも簡単に運用することができます。

資料作成

立地調査・売上予測調査

圧倒的な立地調査経験数

立地調査、売上予測

「立地調査・売上予測調査」は、出店開業の立地でお悩みの経営者・ご担当者の皆さまのために出店の95%以上は利益が取れるようになる調査代行サービスです。
個別の物件について、当社が皆さまに代わって立地調査・売上予測いたします。

「物件選定のリスクは、少しでも回避したい!」「立地を見誤って撤退する店をなくしたい!」というご要望を実現するため、高精度な立地判定/売上予測ノウハウをご利用しやすい料金でご提供しております。
立地の良否を判定する「立地調査」、出店後の売上を予測する「売上予測調査」の2つのプランをご用意しており、離島・遠隔地はもちろん、日本全国どこでもお伺いします。
なお、売上予測調査には立地調査の内容が全て含まれます。

立地調査・売上予測調査の特徴

当社は、小規模店舗(概ね150坪以下)の売上予測を専門とするコンサルタント会社であり、初めて科学的な立地判定を提唱した、業界のパイオニアです。
メガチェーンから個人起業家までを対象とした、二十余年間の数千件に及ぶ実績が、その精度を支えています。
また、立地調査は新規出店のリスク回避・不振店対策を目的として行います。

小規模店舗

新規物件の調査

新規物件を調査する場合、「業種業態に適した立地かどうか」が分かり、売上予測調査であれば「開業後の売上」が分かります。
これにより、立地選択の失敗を最小限に防ぐことができます。
一般飲食店・レストラン、ラーメン店、居酒屋、ファストフード、カフェ、惣菜店、
コンビニエンスストア、ドラッグストア、スーパーマーケット、カラオケ、複合カフェ、書店、ブランド品買取、リサイクルショップ、整体・接骨、ネイルサロン、中古車販売、など
幅広い業種業態に対応しております。
なお、上記に該当しない業種でもお気軽にご相談ください。
立地調査は、原則として不特定の人々をターゲットにする店舗であれば、業態を問わず可能です。
売上予測については、ご依頼者の開示データにより一部制限のある業態がございます。

調査方法と精度について

調査精度

当社の立地判定/売上予測をするための調査方法を「実査」と言います。
実査は、平日の人々の動きが安定した時間帯に専任の熟練担当者が行います。
調査範囲は、通行人対象立地の場合で物件周辺約 500m圏内、ロードサイド立地の場合で約4~5km圏内です。
担当者は調査範囲を徒歩や車でくまなく観察し、実際に商圏内で生活している人々の立場で物件立地の良否を分析します。

当社のこれまでの研究で明らかになっている多くの商圏要因、立地要因から、とりわけ重要な商圏の規模、商圏の質、PC(需要集合体)、TG(交通発生源)、動線評価、ランドマーク評価、視界性評価、インアウト評価、競合評価など出店判断・売上予測のために必要にして十分な調査を行います。
売上調査に関しては、当社独自の「汎用モデル」を用います。
「汎用モデル」とは、当社がこれまでの蓄積データを元に構築した売上予測式です。
ベースは重回帰分析で、立地の種類ごと業態ごとに複数のモデルがあります。
ご依頼物件の立地、予定業種業態に合わせて最適なモデルを用いて予測します。
既存店データをご開示いただければ、比較法や範囲限定法による予測も可能です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
売上予測の精度に関しては、開示していただく情報により精度そのものは変動します。
統計的な手法(重回帰分析)を用いておりますので、従来の回転率法や市場シェア率法などと比べ、精度の高い売上予測を実現しております。
また、開示データが多く正確であるほど精度は上がります。
なお、売上げを左右する立地以外の要因(商品力や営業力など)は売上予測では加味していません。

費用の目安について

費用は調査物件の立地種別、エリアなどにより異なります。
ご発注に際しては、お見積り書のご確認をお願いします。
参考として、1物件あたりの費用の目安を以下に記載いたします。

費用計算

1物件あたりの目安

通行人対象立地…100,000円+消費税
ロードサイド立地(ドライバー対象立地)…130,000円+消費税
商業施設内立地…130,000円+消費税
売上予測ありの場合は、上記に+50,000円(+消費税)、遠隔地調査の場合は+30,000円(+消費税)+宿泊費(実費)となります。
交通費は実査車両費(レンタカー代・ガソリン代実費)、ドライバー日当(10,000円)、移動交通費(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県内の場合は当社負担)となっております。
なお、埼玉県、北与野駅より片道2時間以上のエリアを遠隔地とさせていただきます。
オプションや割引もございますので、詳しい内容に関してはお気軽にお問い合わせください。

調査結果について

調査結果は、以下の内容にてご報告いたします。
●A4サイズ冊子/40ページ前後
●報告書の構成
調査概要
結論・立地評価…総合所見/立地評価点/立地要因別評価表/レーダーチャート
商圏地図…物件の周辺図に実査写真・立地のポイントを記載したもの
(売上予測値)…最も実現可能性の高い理論値(予測依頼があった場合)
(立地比較表)…既存物件との比較表(過去に調査実績があった場合)
調査分析の詳細…調査による立地要因別評価とその詳細を解説

【商圏の規模】主要統計データ/分布状況/商圏の拡大縮小要因など
【商圏の質】マーケットの状況/住民の質/各種統計グラフ集など
【接近容易性】TG(交通発生源)評価/動線評価/インアウト評価など
【知覚突出性】ドライバー視界性/歩行者視界性/視界性改善案など
【土地建物制約】物件規模・形状/段差・傾斜/周辺環境など
【競合制約】類似店分布(概観)と所見
資料(統計データ集)…物件周辺の国勢調査(2010年)商業統計
(2007年)データなど500項目以上。

お問い合わせはこちら

〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP