人には言えない店舗開発の悩み 連載86-1

売上予測 30年の実績

03-3538-6603

lv_r

人には言えない店舗開発の悩み 連載86-1

店長の立地,店舗開発,飲食店経営

2021/03/03 人には言えない店舗開発の悩み 連載86-1

前回は、「とつぜん社長に店舗開発をやってくれと頼まれ」ても大丈夫なように店舗開発の重要性と業務について説明しました。

今回は、もう少しだけ深く店舗開発のことを知ってもらいましょう。できれば、この回は経営者にも読んでもらいたいと思っています。

 

店舗開発

 

多くのチェーン店で、店舗開発担当者(以下、「担当者」)がおちいりやすい悩みがあります。

 

それは、「店の数も増やせないし、収益も出せない」という問題にぶつかることです。

 

こうした悩みに陥ってしまう店舗開発のことを「股裂き開発」と呼ばれます。

担当者がみなこの悩みに取りつかれると、会社の成長が止まってしまうという恐ろしい事態です。

どうして、こういう疑問が担当者に生まれ、会社の機能不全にまで至るのでしょうか?

 

それは、経営者が担当者に与える業務指示に端を発します。

 

たいていの経営者は、「ぜひとも良い物件を見つけてきてほしい。店数を増やしてほしい」のように指示するでしょう。

 

実は、この指示が問題です。

 

 

「良い物件」と「店数を増やしてほしい」の2つは、要求として相矛盾することなのです。

「良い物件」とは、どんな物件でしょう。

究極的には、収益が出る店を指します。

家賃が高くても低くても売上がそこそこ高いため収益が出る店のことを指します。

 

決して、きれいでデザインの良い店であるとか、エコで社会的貢献度の高い店でもありません。

つまり、収益が上がらない店、売上が低い店であってはならないという意味です。

これを、担当者が真剣に考えたとしたら、なかなかそう簡単なことではないことが分かります。

 

 

 

 

人には言えない店舗開発の悩み 連載86-2 へ進む

 

 

はやしはら やすのり

売上予測コンサルタント。有限会社ソルブ代表。日本マクドナルドで出店調査を担当。独自に深めた立地理論をもとに200社以上のチェーン企業の経営者、多くの起業家をコンサルティングしている。著書に『実践 売上予測と立地判定』(商業界)、『最新版 これが「繁盛立地」だ!』(同文館出版)など。東京大学卒。http://www.sorb.co.jp

 

 


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP