立地の問題が改善可能か不可能か。それが問題だ。連載12-1

売上予測 30年の実績

03-3538-6603

lv_r

立地の問題が改善可能か不可能か。それが問題だ。連載12-1

店長の立地,店舗営業,視界性・看板,飲食店経営

2020/10/29 立地の問題が改善可能か不可能か。それが問題だ。連載12-1

 

いよいよ、連載も12回目=1年を向かえました。区切りなので、今までの総仕上げです。

 

よく店舗の業績が落ちたりすると、すぐに

「うちは立地が悪いから」とか

「競合店があるから」と

立地のせいにする店長さんがいますが、これは間違いです。

 

立地を問題にする前に、

店の営業力を振り返ることが正しい順番です。

 

お客に提供する商品やサービスの質が落ちていないか、

お客にFUNや喜び、感動を与えることができているか、

お客に正しく早くお得な情報を伝えているか、

こうした「営業力、販売促進力」を振り返ってみることが一番です。

 

 

しかし、営業力等に何の問題も落ち度もないということがあります。

 

 

ここにきて初めて、“立地”を問題にするべきでしょう。

 

図1

開店前 すき家

「すき家」が出店する前。2Fのテナントが存在を強くアピールしているために、1Fが目立たないおそれがあった。

 

 

図2

開店後 すき家

「すき家」が出店した後。2Fのテナントが霞んでしまうほど、しっかりと看板を掲出してある。

 

 

 

では、問題とすべき立地の内容はどんなことでしょう。

 

その第一は、視界性評価です。

 

要するに、「店が見えなくなっている」ことが問題なのです。

 

 

 

 

目的来店のお客ならば、多少見えなくても店を探し出してやってきてくれるでしょう。

 

しかし、そうではないお客、

たまたま通りがかったお客とか、

二度目にやってこられたお客は違います。

 

店が少しでも見えなくなると、来てくれなくなるのです。

ですから、これは大問題です。

 

駅から降りてくる、

TGのスーパーマーケットや学校から向かってくるとき、

お客はあなたの店を「知覚」してくれるでしょうか?

 

 

街路樹や道路標識、

停車中のバスや電柱、

街や道路沿いには、

視界障害となる要因がたくさんあります。

 


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP