催事が多い立地に出店すると危険な商売とは 連載102-2

売上予測 30年の実績

03-3538-6603

lv_r

催事が多い立地に出店すると危険な商売とは 連載102-2

店長の立地,店舗営業,飲食店経営

2021/04/22 催事が多い立地に出店すると危険な商売とは 連載102-2

まずは、競馬場(図1)、競輪場などの公営ギャンブル場、あるいは場外発券場のある施設の近くです。

 

競馬場

そして、それ以外さしたる商業施設などのTGがないような立地です。

 

たしかに、開催日にはそういった場所が大好きなファンが大勢集まります。

ですから、こうした場所の近くは

ファストフードでもコンビニエンスストアでも珈琲店でも

あるいはふつうのレストランでも、たいへん混雑し、売上は高いものです。

 

しかし、注意しなければいけないのは、ギャンブルを開催していない日です。

 

こういう日が最低半年、長ければ200日以上も続くのです(図2)。

競馬場スケジュール

 

この時期、お店を閉めておくということも出来ず、

かと言って店を開ければそれだけ赤字が増える。

 

つまり、ギャンブルという催事が近くであるような店は、その催事がない場合にどれだけ客数を稼げるかが大事だということです。

 

もう一つ、注意すべき立地があります。

それは、年始の初詣でで沢山人々が集まるというような立地。

これは年1回だけだから、とても対応できません。

 

昔、マクドナルドの鎌倉店は今とは違う場所にありました(図3)。

 

マクドナルド 鎌倉

すると、ふだんの日は20~30万円がやっとなのですが、

年末年始にかけ1日に500万円とか600万円とか売り上げてしまうのです。

 

この落差があまりに激しいので、

年末年始は、自力でアルバイトを集めることはできず、

関東全域からヘルプのアルバイトが集めていました。

 

こういうように暦によって大きく客数が異なるのは、

他の商売でもあり得ることです。

 

とりわけ、

子供や若い10~20代をターゲットとしたレストランなどは、

春休み、夏休み、冬休みが大きな掻き入れ時になります。

 

すると、どんな場所が飛躍的に売れるようになるでしょうか?

 

第一は、遊泳のできる海岸の近くです(図4)。

 

海岸

4 江ノ島海岸の近くですが、〇をつけた店が夏のレジャー客の影響を受ける立地です。

 

 

 

 

 

 

文字数2152

キャプション

 

2 大井競馬場の開催カレンダー

これによれば、年間開催日数は94日。開催していない日数は271日もある。

3 マクドナルドの現在の位置は、駅TGと鶴岡八幡宮を結ぶ動線上にあります

が、昔(1990年以前)はその動線上になかった。

 

 

 

催事が多い立地に出店すると危険な商売とは 連載102-3 へ進む

 

催事が多い立地に出店すると危険な商売とは 連載102-1 へ戻る


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP