「立地が良い」だけではだめ。売上予測できるようにしよう。 連載25-1

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

「立地が良い」だけではだめ。売上予測できるようにしよう。 連載25-1

店長の立地,売上予測,飲食店経営

2020/11/11 「立地が良い」だけではだめ。売上予測できるようにしよう。 連載25-1

「駅前の1等地だから(立地が良い)」、「店前通行量が1万人以上あるから(立地は)だいじょうぶ」、「○○スーパーの出入り口から良く見えるから(立地が良い)」・・・

こういう常套句が、出店するかどうかの決め手になっている個人、チェーン企業は多いと思います。

 

立地判定のチェックリスト

表1 立地判定のチェックリスト

これは、通行人を主なターゲットとする店の立地を判定する際に参考にしていただくものです。総合立地評価を選ぶ枠がありますが、これはYesNoの数で基準を作られると良いと思います。このチェックリストで売上予測はできません。

 

特に、2番目の通行量は、車と合わせて本当に良く説得材料に使われています。しかも、たいへん昔から「立地の定石」のように扱われてきました(余談ですが、今でも、フランチャイズ本部が裁判沙汰になって加盟店側に責められる時、「本部は通行量調査さえしてくれなかった」と主張して、司法もこの主張を支持するといった判例もあるくらい通行量は一般的に大事にされていますこの文章カット可です(筆者))。

 

もちろん、賢い個人・チェーン企業は、単一の立地要因だけを決め手にしていることはないでしょう。むしろ、チェックリストを用意して、数十項目以上のチェックを行って、得点化し「総合得点」を出していることのほうが多いかもしれません。

しかし、立地は立地、立地のこの要因が良い、この要因は良くない、こちらの要因は・・・のように立地にまつわるどんな要因をチェックしてみたところで、それだけでは、まったく意味がないことのほうが多いのです。

 

 

郊外立地の定石チェック

表2 郊外立地の定石チェック

これは、郊外で車ドライバーを主なターゲットとする店の立地をチェックするために作られたものです。このチェックリストで売上予測はできません。

 

もっと言うと、チェックリストを使って、立地の総合得点が良かったとしましょう。

「だからなに?売れるの?売れないの?」というのが、偽らざる筆者の気持ちです。

 

私のように長いこと店舗立地についての研究をやっていますと、いろいろな場面で、「立地判定チェックリスト」を作ることを求められます。

そうして、表1や表2、表3のようなチェックリストを作って来ました。

 

 

 

「立地が良い」だけではだめ。売上予測できるようにしよう。 連載25-2 へ進む


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP