店舗開発と売上予測(42-1)TG(ティージー;交通発生源)のこと1

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

店舗開発と売上予測(42-1)TG(ティージー;交通発生源)のこと1

立地について

2019/06/18 店舗開発と売上予測(42-1)TG(ティージー;交通発生源)のこと1

立地コラム(42-1)TG(ティージー;交通発生源)のこと1
売上予測に使うデータなら商圏分析ソフト”統計てきめん2プレミア
イメージ図です

●立地コラム(25)TG(ティージー)とPC(ピーシー)という二つの重要な立地用語
●立地コラム(26-1)PC、そして・・動線
●立地コラム(26-2)PC、そして・・動線
●立地コラム(27)施設の中にあるTG

 

今日は、また「TG(ティージー)」についてお話したいと思います。

昔から、「集客施設の近くは、良い立地だ」と言われてきました。
この「集客施設」の概念を、大きく広げたものが、「TG」(または、「T/G」と表記)です。
TGとは、Traffic Generator の略で、元々、「交通を誘発させるもの」という意味があります。これを、わたしは、「交通発生源」と訳しています。この方がより分かり易いからです。
20年近く前は「商業性誘導施設」などと訳していましたが、これでは、難しくて分かりづらいですね。
この頃は「Traffic」を「交通⇒交易⇒商業」と連想させていったためにそんな訳になってしまったのです。
今でも、立地の話しをすると「商業性」を強調する人がいますが、そうなると、商業的でないものが、立地の要因からはずされてしまいます。
実は、それは間違いなのです。この20年間に商業的でないTGが次々と見つかってきました。例えば、「人々が集まる交差点」、や「PC由来のTG」、「駐車場出入り口」、「インターチェンジ」、「大学・専門学校等の出入り口」など、明らかに、「商業性」がありません。それでも、「交通発生源」であり、この周囲は立地上有利な場所です。
だから、TGに「商業性」がなければならないと考えるのは誤りなのです。
さて、TGの第一は何でしょう。
それは、鉄道駅です。厳密に言うと、鉄道駅駅舎の出入り口です。或いは改札口と考えることもできます。
鉄道駅に限らず、このように、場所を限定していくことができる。これがTGの特性の一つです。
鉄道駅がTGの中では、比較的大きな扱いを受けるのは、首都圏などの大都市とその近郊に限られます。一日、数十人から数百人しか乗り降りしないという鉄道駅は、最早TGとしての働きはひじょうに小さいと考えて良いでしょう。1-tg%e3%81%ae%e5%87%ba%e7%8f%be1
しかし、ほかに何もTGらしきものがなければ、TGはTGです。無視するわけにはいきません。同様に、バス停なども、TGとして考えても良いですし、鉄道駅を出た外に設置された「自転車置き場」の出入り口もTGに違いありません。
かなり、特殊ですが、「道の駅」や「船着場」もTGです。

 

 

統計てきめん2プレミアのダウロードサイト
統計てきめん2プレミアの紹介動画5分
YouTube 統計てきめんの活用講座
1.統計てきめんの基本操作
2.統計てきめんの統計項目の変更方法
3.統計てきめんの多角形商圏での集計
4.統計てきめんの色分け分布表示の設定
5.統計てきめんのグリッド表示の変更方法
統計てきめんの時間圏作成シミュレーション

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

 

電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP