行動ベクトルは、出店戦略の策定に役立つ

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

行動ベクトルは、出店戦略の策定に役立つ

立地について,商圏

2019/06/17 行動ベクトルは、出店戦略の策定に役立つ


具体的に言うと、「東京都心」へ向かって、何かを買いに行く人は、通勤・通学やレジャーでも「東京都心」へ向かって行動するということです。

この行動ベクトルは、商業集積の一番大きな場所に向かっています。ですから、例えば、首都圏ならば、立川・八王子方面の人達は、「東」に向かっており、市川・千葉方面の人は、反対に「西」に向かっています。それは、その方向が首都圏においての商業集積の中心だからです。

この「行動ベクトル」を把握すると、実践的に、2つのことに応用できます。
一つは、立地上の良否や売上予測に役立ちます。

行動ベクトル
とりわけ、初めて調査に訪れる地域について、予め「この辺りに住む人達は、どの方向に向かって行動しているか」を知っておくことは、調査をひじょうに効率的なものにします。実際にその方向に人々が車や鉄道を使って行動しているかを確認したり、行動ベクトルの示す方向とは別の動きがないかをチェックしたりして、より深く商圏の構造を知ることができます。
また、行動ベクトルによる影響を加味した集計をすることができます。それは、同じ、商圏人口でも、人口密集地から物件・店舗に向かう行動ベクトルが多ければ、多めに、逆に物件・店舗から離れていく行動ベクトルが多ければ、少なめに算出されるという集計です。
行動ベクトルの実践的応用の二つ目は、出店戦略の策定に役立つというものです。
人々の行動する方向が分かれば、その方向にそって店舗展開をしたほうが、その方向と無関係な方向に展開するよりも、チェーン店に対する人々の認知率は数倍も高くなることが確かめられています。
このことを応用すると、店舗をどこにどの順番で出していけば、効率的にブランド認知ができるかがわかるようになります(ただし、この計算をするには、特別なプログラムと大量のデータが必要です)。

 

 

統計てきめん2プレミアのダウロードサイト
統計てきめん2プレミアの紹介動画5分

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

 

電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP