店舗開発のクオリティはやっぱり『人』です

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

店舗開発のクオリティはやっぱり『人』です

売上予測,店舗開発

2019/03/15 店舗開発のクオリティはやっぱり『人』です

このように、 運営する側の目線を持っていれば、その物件でどう利益を出すのかについて、より高度な次元で判断することができるのです。
店舗運営に精通していれば、先の事例のように、物件の広さや形状によって、
運営時の作業効率のイメージも湧くでしょう。
店内や店頭のポスターをどこに貼れば目につきやすいのか、資材はどこにどう保管するべきなのか、店員の着替えはどこでさせたらいいのか、など、様々なことに考えが及びます。
こうしたことは、実際に現場を経験していないと、すぐには分からないことばかりなのです。

「利益が取れる『立地』かどうか」と、「利益が取れる『物件』かどうか」は、実は似て非なる問題であり、後者を判定するには、運営経験が不可欠なのです。運営の経験があれば、 物件自体だけでなく、もっと広い角度からの出店を考えることができる、ということが、タイトルにありますように、店舗の運営(店長)経験がある担当者が、クオリティの高い店舗開発をできる理由です。

この「経験」や「運営のカン」というようなものは、一般的には、店長を最低3年くらいは経験し、苦労しなければ、身につかないと言われています。
そうは言っても、どこも人手不足の時代であり、 アルバイトの募集だってままならない企業が多くある中、ベストな人材を揃えることは、難しいことかもしれません。
けれども、お店が利益を出せるかどうかの大半は、店舗開発にかかっていることは確かです。そしてその店舗開発のクオリティは、いくらシステムが向上しようとも、最終的には、『人』なのです。
すなわち、開発担当者の資質による部分が、非常に大きいということです。
チェーン全体が利益を生むために、チカラの掛け所を間違えないようにしましょう。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
私は、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

 

お電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
有)ソルブ  林原安徳
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP