売上予測をエクセルで極める その129 店舗開発

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

売上予測をエクセルで極める その129 店舗開発

売上予測,店舗開発

2019/02/03 売上予測をエクセルで極める その129 店舗開発

売上予測をエクセルで極める その129 店舗開発

店舗開発で大きな失敗をしてしまう人がいます。
その大事な違いとは・・・・

「物件の良否を決める人が違う」

という点です。
自分の住む家については、自分さえその物件や立地をを気に入りさえすれば、それで良いでしょう。
そこに住むのは自分であるわけですから、自分がピンとくるかどうかで探すのは、まっとうな探し方であると言えます。

しかし、店舗開発はそうではありません。

「お店の物件の良否は、お客さんが決める」ということを、忘れてはならないのです。

どんなに、店舗開発する側がその物件を気に入っても、お客さんにとって不便な場所にあれば、当たり前ですが、 集客はできないわけです。
自分が気に入っているだけではダメなのです。
「自分が気に入るんだからお客さんも気に入るだろう」なんて考えているうちは、この落とし穴から抜け出すことはできません。
チェーン企業の中で長くこの店舗開発をやっていると、往々にして、この「自分が気に入っている」ことが、
最優先になってしまいがちになります。
それなのに、そのことに気付かず、開発を続けていると、知らず知らずのうちに、不振店、失敗店が増えていってしまい・・・・
気づいた時には手遅れ、というような事態に至る場合もあります。

この違いに気付かないまま店舗開発を続けてしまう人も多く、(自分では立地をちゃんと見ているつもりで)
お客さんのことを考えた目線での立地判定ができないため、結果的に不振店ばかりをオープンさせてしまうのです。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
私は、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

 

お電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
有)ソルブ  林原安徳
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ●攻めの店舗開発ができるようになるために

●駅から徒歩3分は良い物件!?

●売上予測をしない時点で失敗です

●売上予測をエクセルで極める その127 店舗開発

●売上予測をエクセルで極める その128 店舗開発

●売上予測をエクセルで極める その129 店舗開発

TOP