利益の出る売上、利益の出ない売上を分ける出店戦略。撤退も速いほど良い。

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

利益の出る売上、利益の出ない売上を分ける出店戦略。撤退も速いほど良い。

出店戦略

2017/12/24 利益の出る売上、利益の出ない売上を分ける出店戦略。撤退も速いほど良い。

利益の出る売上、利益の出ない売上を分ける出店戦略

 

売上が損益分岐点を越えれば、利益が出る。越えなければ利益は出ない。

損益分岐点が高ければ、利益は出にくい。一所懸命、売上を上げる努力がいる。

 

中でも、固定費。一度決まってしまったら当分の間変えることができない経費。

売上があろうとなかろうと出ていく出費。

その最大の項目は、言わずと知れた「家賃」である。

 

3年契約であれば3年は変えられない。5年なら5年、10年なら10年。

 

開店したは良いが、売上予測を失敗して、実績売上げが損益分岐点を越えられない。

だからといって、家賃という固定費は変わらない。

いきおい、同じ固定費に計上される「社員の人件費」をいじるしかなくなる。

固定費には他にもいろいろあるのだが、例えば「減価償却費」。でも、これは変えられない。

変えられないから固定費。

 

そうなると、社員が減らされると、店の戦力が減るのだから、下手をすると売上げまで落ちる。

ますます、赤字は増える。

 

正しい解決方法は売上でも、社員を削ることでもない。

 

解約金を払ってでも、撤退することである。

このほうが、ズルズル営業を続けて赤字を累積させるよりも、安く済むこともある。

しっかり、計算すれば、自ずと分かること。

 

あのマクドナルドの社長(故藤田田)は、オープンして2日間(土日)の売上をみただけで。月曜の朝の会議で「解約条件はなんや?」と叫んだ。

しかし、東京調査部のヘッド、S.H.氏が「社長、ここはこれから伸びていきますよ」と言ってしまったために、それから5年以上、ズルズルと営業を続けた。

上野にあったアメヤ横丁店だ。もちろん、今は閉店している。マクドナルドにしてから、こんな調子である。

 

新店の売上と利益を、予測することも大事だが、

撤退すべきかどうかを、きっちり予測しないと、売上も利益もどん底になる。

 

 

ameya-yokochou

 

「出店戦略」の関連記事20180105時点
●不動産屋さんと実査して仲良くなる方法
●成長し続ける立地戦略とは、売上予測をすることです!
●開店と閉店を決めるキーは、営業力と立地。埼玉県内は特に注意しよう。
●股裂き開発は危ない 投稿日 : 2014年8月31日
●【店舗立地はチェーン企業経営者の一大事】 投稿日 : 2015年2月25日
●ウェンディーズは立地を再考しないと、また危ないです : 2015年3月7日
●複数出店をして良い立地・悪い立地 投稿日 : 2016年7月24日
●売上予測や立地判定をしないで崩壊したチェーン企業はありますか?
●「1週間でできる立地判定」【第7回】共同出店はファストフード店が最適  月刊コンビニ連載2013年7月号
●これは絶対だめ!「出店のタブー ワースト8」  月刊コンビニ連載2013年12月号
●セブンの東京出店戦略を論ず  月刊コンビニ連載2010年4月号
●ファミリーマートの「am/pm店舗再配置」はどうなるか  月刊コンビニ連載2010年5月号
●目指せ多店舗経営  月刊コンビニ連載2012年8月号
●出店戦略は自社に適しているか、とりわけ目的来店性が高い店について。
●利益の出る売上、利益の出ない売上を分ける出店戦略。撤退も速いほど良い。

有限会社ソルブ

電話番号:048-711-7195
住所 〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP