売上予測の手法 その1 回転率法

有限会社ソルブ

048-711-7195

〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

lv

売上予測の手法 その1 回転率法

売上予測

2018/01/05 売上予測の手法 その1 回転率法

売上予測の手法 その1 回転率法

 

回転率法とは、「お店の客席がいくつあるか」を元にして 売上予測を行う手法です。

 

主に、居酒屋の売上予測をする手法として、用いられてきました。

 

例えば、お店の客席数が30席あれば、これに、回転率を掛けます。

つまり、その席が何回満席になるかを、回転率というのです。

たいていの居酒屋では、1回転できればしめたもの、1.2回転あれば御の字です。

 

1回転なら、30席×1で客数を予測できます。=30人。

これに、1人当たりの客単価(平均の注文金額)をかけます。だいたい2500円くらい。

30×2500 で、1日の売上予測ができます。=75000円ですね。

 

これに、30日をかけて、1ヶ月の売上予測にします。=225万円

こういう手法です。

 

これは、昔、チェーン店の居酒屋が珍しかった頃の売上予測手法で、どこでも 計算していました。

 

この売上予測の手法は、ラーメン店にも用いられ、やはり、客席数を基準に売上予測をしていました。

ラーメン店の場合は、客単価が居酒屋より低く、せいぜい800円前後です。

その代わり、有名店なら、1回転どころか、5回転、6回転するところも出てきます。

 

この手法は、売上予測する根拠が「回転率」にあることです。

なかなかこの回転率は、意味は分かりやすいのですが、どんな数字にするかが、よく分からないのです。

この欠点を知った上で、使うのでしたら、この売上予測の手法でも良いかもしれません。

 

問題は、コンビニやスーパー、本屋さんでは、客席がないので売上予測の手法としては使えないという点です。

 

 
「売上予測」の関連記事
●成長し続ける立地戦略とは、売上予測をすることです!
●なぜ売上予測が必要なのか(勘と経験でもいいのでは)
●立地が悪くても高い売上、立地が良くても低い売上ということはありますか?
●売上予測の手法 その1 回転率法
●売上予測の手法 その2 キャッチ率法
●「1週間でできる立地判定」【第8回】売れている店の隣はいくら売れるか  月刊コンビニ連載2013年8月号
●売上予測の手法 その3 市場シェア率法
●売上予測の手法 その4 比較法
●売上予測の計算はこうやって行う(1)
●売上予測計算はこうやって行う (2)
●売上予測の方法 勘と経験、そして度胸の問題
●売上予測モデルを運用するフォーマットを作るのは難しい。
●売上予測モデルで一番大事な変数は、目的変数である。
●売上予測計算の必要性はどこから生まれたか?

 

有限会社ソルブ

電話番号:048-711-7195
住所 〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP