レストランは売上予測から明暗分ける

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

レストランは売上予測から明暗分ける

売上予測

2020/07/04 レストランは売上予測から明暗分ける

レストランは売上予測できるのか。もちろん、できる。

では、売上予測モデルを作って使っているか。意識の高いところは作って使っているのは確かだ。

 

しかし、レストランは意外なほどに、そういう専任のスタッフ(売上予測調査部)に投資はしないようだ。

たまたま、誰か問題意識をもった経営幹部がいたとしても、却下されることが多い。

売上予測に投資するくらいなら、商品開発や事業開発だ。

売上予測に投資するくらいなら、広告宣伝や販売促進だ。

売上予測に投資するくらいなら、人材募集や教育訓練だ。

 

という具合だ。

某大手チェーンのS社も、一時期爆走を続けたレストランのT社も、あちらもこちらも「売上予測はまだ早い」という社長の一言で終了してしまった。

 

それは反対でしょ。

事実、それらのチェーン企業は、どんどん出店したはいいが、やがて壁にぶつかり、にっちもさっちもいかなくなっている。

残念なことだ。

 

しかし、一方で、売上予測をレストランの展開に大いに役立てて、いまだに出店を安全に続けているチェーン企業もある。

関西のチェーンレストランS社や関東のレストラン企業、C社などなど。

 

売上予測モデルを開発し、それを武器にがんがん、かつ慎重に店舗展開を行うことで、利益を増やしていく。

利益を増やせば、それで人材育成、広告宣伝、商品開発にもっと投資ができる。

 

これこそ、王道のレストラン展開と言える。

 

なにせ、レストランという事業は金がかかるのだから、精度の高い出店を確実にしない限り、先細りになる。

 

レストラン4

 

 


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP