看板の印象、刺激を強くする

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

看板の印象、刺激を強くする

売上予測,視界性・看板

2019/03/05 看板の印象、刺激を強くする

 

また、形(フォルム)ではたいてい四角形であることが多いですね。そういう場合、①円形や三角形のような別の形の看板を作る。②看板の形は四角形でも中のデザインが円や曲線、斜線、余白を使ったものに変更する。③看板の外部に飛び出したような図案を追加する、などして、周囲の形に溶け込まないようにすることができます。
また、回りの看板には「動き」がないものがほとんどでしょう。こういう場合は、光の点滅や回転、文字の動きなどで、融合を防ぐことができます。店の上品さを失わない程度に変化を持たせてみるのも工夫です。
改善3 視界退行をなくす
周りに有名な看板、印象の強い看板があるときに自店の看板を見てもらうのは容易ではありません。
とは言え、少しでも改善しなければいけません。そこで、ここでのポイントは、「看板の印象、刺激を強くする」です。
①.文字を強くする。看板の文字が細かったり、小さければそれだけ印象も刺激も小さいことになります。まず、太く大きくしましょう。
②情報を減らす。たくさんの文字やイメージ、写真を加えてみても情報が増えるばかりで余計に見えなくなるものです。情報は3つまたはそれ以下に絞ることをお勧めします。
③刺激の強いデザインに変える
人間がほぼ本能的に惹きつけられるデザインというものがあります。例えば、目や手・指のイメージ、あるいは、人間の形、顔の形です。また、矢印や雷のデザイン、月や星、太陽のイメージです。
ただし、これらを使うのはある意味最終手段です。
改善4 視界縮小を減らす
残念ながら、視界縮小は見る側の問題(スピードが速い、カーブを走っている等)ですから難しいのですが、車が一時停止するような場所に、店の事前告知をするための屋外広告を出しておくと多少の改善にはなります。

 

 

TOP