売上予測をエクセルで極める その35 TG

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

売上予測をエクセルで極める その35 TG

売上予測,立地について

2018/12/15 売上予測をエクセルで極める その35 TG

売上予測をエクセルで極める その35 TG
次に、大型小売店、量販店というTGについての大きさは何で表せば良いでしょうか?一番適切なのは、それらの店の販売額です。このデータは「日本スーパーマーケット年鑑(商業界)」や百貨店調査年鑑(ストアーズ社)にはたいてい載っていました。しかし、昨今の大競争淘汰の時代に入りますとこのデータは各企業の秘密にされてしまい、かなり多くの企業が公開しなくなりました。
ですから、それらの販売額はいまやTGの大きさの指標にすることができません。
そこで、小売店の場合、その売場面積や階層数、駐車場台数、レジ台数などで大小を決めています。
大学とか専門学校のようなTGはどうでしょう。一見「学生数」がわかりそうなものですが、それが毎年更新されていたのは90年代初頭までの話し。旧文部省が発行していた学校総覧という本に掲載されていました。今は掲載されていませんので、各大学の定員数や大学の敷地の広さなどで代用するほかありません。ただし、それらは明らかに不正確にならざるをえません。

レジャー施設や公園などはどうでしょう。
大きなレジャー施設なら、「レジャーランド&レクパーク総覧」(綜合ユニコム)でわかります(図6)。

%e5%9b%b36
しかし、こうしたものに載っているのはある程度有名な施設だけです。小さな公園、レジャー施設は掲載されていません。仕方がないので、こういうTGは、地図上で面積を計測したり、入園数を実測したりして大きさの目安を作ります。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
私は、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

 

お電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
有)ソルブ  林原安徳
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 「エクセルの活用法」の関連リンク
●売上予測のフォーマット(売上予測を重回帰分析で行う手法14)

●エクセルを活用しよう 1(売上予測を重回帰分析で行う手法16)

●エクセルを活用しよう 2(売上予測を重回帰分析で行う手法17)

●売上予測をエクセルで実現する (売上予測を重回帰分析で行う手法20) 

●売上予測はエクセルの関数を使ってもできることはできる。

●高精度/売上予測モデルはエクセルで分析したら、エクセルで運用した方が良い2つの理由。

●エクセルで用いる角度の単位は「度」ではない。売上予測の基礎の基礎(3)

●エクセルの関数で描ける”減衰曲線”が売上予測に役立つ。売上予測の基礎の基礎(4)

●売上予測に役立つエクセルで表す「成長曲線」の関数 売上予測の基礎の基礎(5)

●エクセルで最も重要な関数は「IF」と「VLOOKUP」だ。売上予測の基礎の基礎(6)

●VLOOKUP関数は、エクセル最強の武器だ。売上予測の基礎の基礎(7)

●VLOOKUP関数(エクセル)の兄弟、HLOOKUP関数も使えるとなお良い。売上予測の基礎の基礎(8)

●VLOOKUP関数によく似た便利なエクセルの関数、INDEXに注意せよ。売上予測の基礎の基礎(9)

●エクセルの関数、SUMPRODUCT関数も売上予測に役立つ 売上予測の基礎の基礎(10)

●エクセルの数字や関数は、数値と文字(文字列)の2種類ある。売上予測の基礎の基礎(11)

●エクセルの文字列関数で、地点座標を変換する 売上予測の基礎の基礎(13)前半

●エクセルの文字列関数で、地点座標を変換する 売上予測の基礎の基礎(13)後半

●変数が多くなり、エクセルの重回帰分析が嫌いにならない内に行動すべし

●売上予測モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その1

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その2

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その3

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その4

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その5

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その6

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その7  マクドナルド1987年

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その8 作れないモデル

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その9 悪用厳禁

●’売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その10

TOP