ローカル駅での激戦 稲城長沼駅  月刊コンビニ連載2011年11月号

有限会社ソルブ

048-711-7195

〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

lv

ローカル駅での激戦 稲城長沼駅  月刊コンビニ連載2011年11月号

月刊コンビニ

2017/10/25 ローカル駅での激戦 稲城長沼駅  月刊コンビニ連載2011年11月号

ローカル駅での激戦 稲城長沼駅  月刊コンビニ連載2011年11月号

 

東京日本橋から西へ25キロメートル、南武線に1日の乗降数が13,381人(注1)の稲城長沼駅があります。この乗降数は都内としては少ない部類に属します。

この駅の500メートル圏の人口はわずか6505人に過ぎません。駅前にはバス停もタクシー乗り場もありません。改札口は北側に1か所だけです。

しかし、この周辺はすでに5店舗のコンビニが出店し、しのぎを削っている激戦地です。1店当りの支持人口は1,301人で激戦順位は18位です。

inaginaganuma 

南側100mに、鉄道線路と平行して「川崎街道(道路A)」が走っています。ローソンとセブンイレブンが2店は、この地方幹線道路沿いにあり、単に地元住民のみならず広域を走る車ドライバーの囲い込みを意識していると推測されます。

線路の北側400mには、両隣の駅までをつなぐ自動車道(道路B)があります。この道路Bは川崎街道にほぼ並行しておりますが、延伸性が3駅分しかないので道路としての利便性が弱く交通量は多くありません。

ただ、道路ABは同一の方向に向かっています。こういう並行道路があるときは要注意です。道路Aより南側の住民は道路Bに出てくる必要がなく、同様に道路Bより北側の住民は道路Aまで出てくる必要がありません。つまり、道路A沿いの店の商圏の北側は道路Bで制約され、道路B沿いの店の商圏は道路Aを超えることはありません。

つまり、どうしても商圏が小さくなってしまうのです。

最も駅に近いコンビニは店舗①(コミュニティストア)です。

 %e5%ba%97%e8%88%97%e2%91%a0

 

変形な交差点に位置しており道路のどの方向からも視界性が良いばかりか、南側のほうから線路を渡ってくる車は必ずこの店の前を通ります。これらのことが地域住民への認知度を上げています。

ただし、同じ道路沿いにある店舗⑤と競合します。

 

交通量の少ない道路B沿いに店舗②があります。

%e5%ba%97%e8%88%97%e2%91%a1

が、この道路の両側は街路樹が茂っておりきわめて視界性が悪い状況です。また、徒歩や自転車で駅へ向かう際に横断する交差点から100m離れており、決して良い立地とはいえません。

 

線路南側の道路Aはどうでしょう。

店舗③の裏手には、13階建ての比較的大きなマンションや大きなアパートが控えており、これらの住人が利用できる絶好の交差点角地にあります。加えて、さらに南側の住民が駅に向かう場合に利用しやすい立地にあります。駐車場は備えていないことが難点です。

%e5%ba%97%e8%88%97%e2%91%a2

 

 

これに対して店舗④は専用の駐車場を16台分確保できておりますが、街路樹が茂っており視界性にはきわめて難があります。信号待ちをするドライバーには見えることが救いです。

%e5%ba%97%e8%88%97%e2%91%a3

 

 

店舗⑤の前は普通車なら5台止められるだけのスペースがあります。この店は他と違って、視界性が比較的良好です。それは、店とは道路を挟んで反対側にサインポールを立てているからです。

%e5%ba%97%e8%88%97%e2%91%a4

%e5%ba%97%e8%88%97%e2%91%a4%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab

 

 

店舗②の近隣地図

%e5%ba%97%e8%88%97%e2%91%a1%e5%9c%b0%e5%9b%b3

一般的に立地は、すべからくTG(交通発生源)を意識するべきです。それは、TGに面していること、そしてTGからの視界性が良いことを意味します。残念ながら、5店舗の中で唯一店舗②だけは交差点というTGに面しておらず、そのTGからの視界性も不十分です。

交差点は2か所あり、いずれも北側住民が駅やその近くの商業施設を利用する際に通る場所です(矢印)。また、本文にも記したように、店前の道路には街路樹が茂っており自動車ドライバーからの視界性にきわめて難があります。

 

店舗⑤の近隣地図

%e5%ba%97%e8%88%97%e2%91%a4%e5%9c%b0%e5%9b%b3

店舗②と対照的に、店舗⑤はTGとなる交差点に面しており、ここを利用する住民すべてに認知させることができているばかりか、自動車ドライバーに対してもじゅうぶんな視界性がとれるようにしています。特に後者は大事な点で、もし、このサインポール(写真)がなかったならば、カーブした道路の内側に店があるためにその視界性はきわめて悪かったでしょう。この店のような立地で、道路を挟んで向かい側にサインポールを置くというのは効果的な立地改善策です。

 

近未来予測

人口が少なく、かつ流入がほとんどないような小さなマーケットでは、いかにその需要を効率的に吸引できる場所に出すか、また、自動車客をいかにキャッチできる立地に出せるかが立地の優劣を分けます。

現在、稲城長沼駅周辺の線路は高架化工事が進んでおり、駅の南北が容易に往来できるようになるなど、駅前の大きな変化が予想されます。これに伴って新たなコンビニ出店の可能性があります。そうなると、現状のいくつかは大きな負の影響を受け撤退を余儀なくされるでしょう。

 

  • 2007年度、駅別乗降者数総覧‘10(株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所)より

 
「コンビニ立地」の関連記事
●【交差点角地のセブンイレブンが閉店した。】投稿日 : 2014年3月17日
●予測!! ここにセブンが出店するに違いない。 投稿日 : 2014年8月22日
●コンビニ戦争の予測 代々木周辺 月刊コンビニ連載2011年 2月号
●激戦地「大塚」はセブンが負ける 月刊コンビニ連載2011年4月号
●人口がなくても売れる 有明  月刊コンビニ連載2011年 6月号
●直近人口が少ないローカル出店の激戦区  鶴川駅周辺  月刊コンビニ連載2011年7月号
●人口は増加中でそれなりだが、コンビニも多数出店して大激戦の篠崎駅周辺  月刊コンビニ連載2011年8月号
●優劣の結果がはっきり出そうな東小金井  月刊コンビニ連載2011年9月号
●都会の人口密集地で3強が激戦 東中野駅  月刊コンビニ連載2011年10月号
●ローカル駅での激戦 稲城長沼駅  月刊コンビニ連載2011年11月号
●22店がひしめく京急蒲田駅  月刊コンビニ連載2011年12月号
●「オーナーのための立地の見方 こんな店舗は失敗する! 第1回 住宅密集地」  月刊コンビニ連載2010年11月号
●「オーナーのための立地の見方 こんな店舗は失敗する! 第2回 郊外ロードサイド編  月刊コンビニ連載2010年12月号
●「オーナーのための立地の見方 こんな店舗は失敗する! ~第3回 競合店の多い立地編」  月刊コンビニ連載2011年1月号
●500m圏の支持人口は1101人。都内8位の激戦地 上石神井  月刊コンビニ連載2012年1月号
●巨大なポテンシャルクラスターの恩恵 品川シーサイド  月刊コンビニ連載2012年2月号
●東京としてはかなりローカルな西武新宿線の小川駅   月刊コンビニ連載2012年3月号
●東京都心と言えるほどの人口を抱える東京メトロ有楽町線の赤塚駅 月刊コンビニ連載2012年4月号
●「立地診断」クリニック 激戦地「近未来予測」  月刊コンビニ連載2012年5月号
●日大芸術学部、武蔵大、武蔵野音楽大があり、古くから学生の街 江古田  月刊コンビニ連載2012年6月号
●大手町駅から地下鉄で8駅目の葛西駅  月刊コンビニ連載2012年7月号
●都内では珍しい路面電車「世田谷線」の終起点 下高井戸  月刊コンビニ連載2012年8月号
●典型的なローカル線の駅ですが、ここは都内で4番目の激戦地 武蔵増戸  月刊コンビニ連載2012年9月号
●東京駅からJR京葉線で5駅目 新木場   月刊コンビニ連載2012年10月号
●立川駅から南武線の隣駅 西国立  月刊コンビニ連載2012年11月号
●東京メトロ半蔵門線に乗り入れする東急田園都市線の駅 桜新町  月刊コンビニ連載2012年12月号
●これは絶対だめ!「出店のタブー ワースト8」  月刊コンビニ連載2013年12月号
●2号店のための立地判断 43+39のポイント  月刊コンビニ連載2009年12月号
●コンビニ立地についての知識力チェック  月刊コンビニ連載2012年9月号
●「立地診断」クリニック 激戦地「近未来予測」第2回  激戦地はどこだ  月刊コンビニ連載2011年3月号

 

 

 

有限会社ソルブ

電話番号:048-711-7195
住所 〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP