挑戦!5年以内に「統計てきめん」を新しい地図エンジンに乗せ換えよ! 統計てきめん 裏話(5)

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

挑戦!5年以内に「統計てきめん」を新しい地図エンジンに乗せ換えよ! 統計てきめん 裏話(5)

統計てきめん2プレミア

2018/03/06 挑戦!5年以内に「統計てきめん」を新しい地図エンジンに乗せ換えよ! 統計てきめん 裏話(5)

統計てきめんには、「地図がない」という大きなデメリットがあったが、これも昭文社のMappleXという地図エンジンを利用することで解決することができた。

地図が使えると、

1)他社の地図を使わなくても(緯度経度がわからなくても)自由にどこにでも地図を移動させることができる。

2)円の商圏ばかりではなく、多角形を描いて商圏を設定することができる。そして、

3)ユーザーが地図を任意に入手して使うことができる。

4)目的地周辺の状態がよくわかる。などのメリットが出る。

 

これらは、大きなことだった。

そして、2005年の国勢調査が出て、更新した2008年の年末に、「統計てきめん」を「統計てきめん2プレミア」と名称を変えてリリースした。

 

ところが、喜びも束の間、2010年4月、昭文社は地図エンジンのグレードアップを宣告してきた。

「今までのエンジンは5年以内に使えなくなるので、新たにMappleGというエンジンを使ってほしい」

というものだった。

それまでの5年間は、「地図更新ディスク」で対応するとのことであった(お客様は、市販の地図が使えなくなる)。

 

この宣告は、昭文社としては、合理的な経営戦略の一環かもしれない。

しかし、弊社にとっては違った。新しいエンジンを使うということは、弊社が使っているコンピュータ言語が使えなくなることを意味していた。

ということは、新しい言語への変換をしなければならない。これは簡単ではないのだ。

 

そこで、

2年間、その変換を自社で挑戦してみたが、コンピュータ言語は似ているようでいて、大きく異なっており、とても自社だけでは無理だとわかった。

 

3年目、仕方がないので、他者の手を借りることになったが、どこも挑戦はしてくれても、結局、難しくてできないと断られた。

 

最後の頼みは、いつも弊社が頼りにしている、若いプログラマー、H君だった。

 

「やってみます」と彼はあっさり答えてくれた。どこも根を上げたことを彼は造作もなく引き受けてくれた。それから約半年、重要なところがしっかり起動するようになり、1年後には見事に完璧に動くようになった。

H君は素晴らしい。

 

これで、また、ユーザーは、市販の昭文社の地図を使えるようになった。

5年目の満期が訪れた2015年8月「統計てきめん2プレミアV2.0.0」が始動した。

 

mappleg

 

 

 

TOP