売上予測の手法にはいろいろあるが、精度が高いのは重回帰モデル。

有限会社ソルブ

048-711-7195

〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

lv

売上予測の手法にはいろいろあるが、精度が高いのは重回帰モデル。

売上予測

2018/01/03 売上予測の手法にはいろいろあるが、精度が高いのは重回帰モデル。

売上予測の手法にはいろいろあるが、精度が高いのは重回帰モデル。

 

昔から、売上予測の手法はいろいろ開発されてきた。

日本で一般的な方法は、通行量にキャッチ率を掛けるというもの。

そして、客席数に回転率を掛けるというもの。この2つは実に多くのチェーン店や起業家が使う。

互いに、通行量とか、客席数というわかりやすい指標があるから、説得力があるように思えたからだし、

実際、それしか方法は考えられなかった。

 

通行量は、物件が位置している立地についてのきわめて「局所的な事実」を表しているし、

客席数は、お客をどれだけ収容できるかという店が持つ客観性を示している。

 

しかし、しかしだ。

通行量を売上予測の手法に使うと、キャッチ率という得体のしれない数字を用意しなければならない。

客席数の場合は、回転率がそれに対応する。

 

明確に、使えるようでいて、じつは、まったく意味不明の数字が紛れ込む。

しかし、いずれも、知らない人はそういうもんなんだあ。と思えてしまうから始末が悪い。

 

こういう得体のしれない数字を使うのではなく、

客観的な数字のみで(出所の明確な数字のみで)売上予測をする手法は、何と言っても重回帰モデルである。

重回帰モデルを使わない売上予測は考えられない。

したがって、これからは、物件開発・立地開発においては、この手法を身に着けた人しか許されなくなるだろう。

 

Colorful numbers background. 3d rendered illustration

Colorful numbers background. 3d rendered illustration

 

TOP