立地のことを知っているようで知らない5つの証拠 連載97-1

売上予測 30年の実績

03-3538-6603

lv_r

立地のことを知っているようで知らない5つの証拠 連載97-1

店長の立地,飲食店経営

2021/04/05 立地のことを知っているようで知らない5つの証拠 連載97-1

あなたが店長になって店内のことばかりではなく、

店の外もしげしげと眺めたり、他の同業店と比べてみたり、

 

以前任せられていた店と比較してみたりしていると、

自然と「立地」のことを考えたりするでしょう。

 

通行量

 

「果たして、この店は良い立地なのか?競合店のほうがよほど良い立地でないだろうか」

 

などと考え、

 

「もっと良い立地に出してくれてたらお客さんをもっと呼べてたのに」

 

などと悔しがったりもするでしょう。

 

 

しかし、あなたが分かる立地をどうして他の立地のプロというスタッフが間違うのでしょう?

 

あるいは、あなたの考える立地は、本当に正しく理解していることなのでしょうか?

 

実は、立地は多くの物件をその売上や営業状態とともによ~く見ていないと見につかないことなのです。

 

「立地売上営業状態」の組合せです。

仮に、高水準な店舗オペレーションが保たれているようなチェーン企業であるならば、

「営業状態はどこでも一定」ということですから、

「立地売上」という組合せで見ても良いでしょう。

 

そうではなくて、

営業状態・店舗オペレーションの水準が店舗によってマチマチという場合は、

立地が良くて売上が高いのか、営業状態が良くて売上が良いのか、判別が難しくなります。

 

 

いずれにせよ、

立地の良否は、多くの店の立地や営業状態や商圏をじっくり観察、実査しなければ、

そう簡単には分からないものです。

 

その証拠をここでは5つ挙げましょう。

 

証拠、その1

 [好立地とは通行量が多いことだ]

 

これは、「立地がわかる」と信じ込んでいるほとんどの店長が主張することです。

 

しかも、この主張は、きちんとした数字を測定できるわけですから、たいへん客観性がある主張です。

 

しかし、これが立地の落とし穴なのです。理由は簡単です。

 

 

 

 

 

立地のことを知っているようで知らない5つの証拠 連載97-1 へ進む

 


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP