はじめての開業…立地の重要性と選び方 その2

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

はじめての開業…立地の重要性と選び方 その2

店長の立地,実査,店舗開発,飲食店経営

2021/01/01 はじめての開業…立地の重要性と選び方 その2

立地調査の順番

TGと同業店はどこにあるか

タウンページ検索ができる地図を使うと、スーパーマーケットや同業店の場所を簡単にプロットできます(図②、矢印と●は「ラーメン店」です)。

 

 

商圏

図② ゼンリン「電子地図帳Zi17」を用いて作成した。円の半径は300m。破線の円はTG(駅・SM・交差点)。小円は同業店(ここではラーメン店)。

 

これと、駅、信号のある交差点を組み合わせると、TGがどこにあるか一目瞭然です。こうやって描いた地図を印刷しておいて、現場に持っていけば調査は効率的に進みます。

TGや同業店が実際にどこにあるか。TGとTGはどうやって結ばれているか(これを「動線」と言います)、人々はどこからこれらのTGに向かってくるか、まず調べます。

②物件はTGとどんな位置関係か

1)TGからの視界性を評価します。自然に目に入る位置にあるなら3点。探せば見えるなら2点。探しても見えないなら1点です。

2)同じことをTGとTGを結ぶ動線上で歩行者の目線になって歩きながら確認します。

3)次は、動線から外れている場合のチェックです。看板等を工夫すればで容易に歩行者に気づいてもらえるなら3点。だめなら1点。どちらとも判定しづらいなら2点です。

③商圏の質を見る

そして、一番重要なチェックを忘れてはいけません。

それは、商圏の質です。今はあちこち町の高齢化が進んでおり、若者や旺盛な消費性向の高いファミリー層が減っている傾向にあります。

そういう商圏よりも、人口が伸び続けているようなところにしたいですね。

それならば、家々をよーく見てください。新築の家がよく目に入りますか?建設中のマンションやアパートはどうですか?建設工事や改良工事がそこかしこに観察されるようであれば、その商圏は有望です。

④比較表にまとめる

こうして調査して得られた内容は、表にしてまとめておきます(図③)。必ず比較表に書いておくことで、調査したノウハウは後々活きてきます。

 

比較表

図③ 比較表のイメージ

 立地は平等

よく「チェーン店は良い立地が取れていいなあ」とぼやく人がいます。でもそれは間違いです。チェーン店の店舗開発マンも所詮、同じ土俵で戦っているからです。決して、容易に良い立地が見つかるわけではありません。むしろ、企業であるだけに取得条件は厳しい。それでも良い立地を見つけることができるのは、根気と努力のなせる業です。

店舗開発に王道はありません。あなたも努力次第で、あなたにピッタリの繁盛立地が必ず見つかります。

 

小見出し含め2576字

 

(注)PC用地図ソフトウェア

立地調査では、ゼンリン社製の「電子地図帳Zi」の最新版をお使いになることを強くお勧めします。タウンページのデータを表示できるのが最大の特長です。

 

 

 

 


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP