国立駅南口で完璧な売上予測を成し遂げたマクドナルドと各チェーン店

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

国立駅南口で完璧な売上予測を成し遂げたマクドナルドと各チェーン店

売上予測,立地について

2020/05/06 国立駅南口で完璧な売上予測を成し遂げたマクドナルドと各チェーン店

JR中央線「国立駅」は長らく一橋大学がある南口ばかりが栄えており、北口はほとんど店はなかったが2003年、その北口に「クレッセント国立・ディアナプレイス」という238戸からなる集合住宅ができた。

駅周辺の人口は1990年から5年毎に増加の一途をたどってきた。500m圏で、1990年7903人、95年8612人、2000年9023人、2005年10499人、2010年10885人のようにだ。

しかし、このあと2015年10777と減少に転じている。

同範囲の小売業の年間販売額は、2014年に126憶円で、リトルマーケットのほぼ平均くらいである。

 

しかし、この駅周辺の住民は経済的に豊かであり、1km圏に住む人々で年収700万円以上の年収別世帯数の比率は34.9%に達し、東京都平均の23.0%を大きく上回る(全国では17.3%)。

 

そのため大小多くの多様な商店があり、それらは国立駅の南側に5方向、放射状の商店街となって広がっている。

 

ただし、繁盛しやすい動線は、から一橋大学へ向かう中央通りの西側歩道沿いである。

中でも、最良の立地は、この動線上にあって、かつ駅出入口から視界性の良い駅前ロータリー西側、駅前物件である。

 

ここにサイゼリア、サンドラッグ、エクセルシオールカフェ、松屋、星野珈琲、ローソン、マクドナルドと錚々たるチェーン企業が軒を連ねているのはもちろん偶然ではない。

 

マクドナルドは古くからこの立地にあったが、それらの店と比べ駅からは最も遠いものの、西友という大きな商業施設(TG)の隣に付けていることを考慮すれば、ベストの立地であることを疑う人はいないだろう。

こうした最強の立地に出店したからこそ、多くの競合店(ロッテリア、森永ラブ、ファーストキッチン)が近隣にオープンしてもマイナスの影響をほとんど受けないばかりか、撤退させ続けたと言える。

 

「リトルマーケットではベスト立地を狙う」という出店戦略が見事に実証された良い事例と言える。

 

国立駅 TG隣接

 


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP