大学は繁盛の要因の一つになるが・・・

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

大学は繁盛の要因の一つになるが・・・

立地について

2020/04/06 大学は繁盛の要因の一つになるが・・・

大学が店の近くにあったり、大学生が利用する駅の近くに店があったりする場合、大学生ってどうなの、売上に寄与するのしないの、気になりますね。

 

実は「大学」というのは立地上たいへん難しい存在です。

 

すでに、「商圏の質」のところで、大学があるということは、商圏の質が(マクドナルドなどのファストフードにとって)良いことの指標になると言いました。

大学生そのものがお客になるというのではなく、大学があることで、文化程度の高い地域と思われ、不動産価格も高めに設定されやすい地域だからというわけです。

 

 

そうです。そればかりではなく、大学は良いところがいろいろあります。

 

大学は一般的に、時間的に余裕がある若者が多く通っています(予備校などと比較しての話しですが)。

ですので、自店舗のターゲット客層が20歳代前後の場合、大学の存在は繁盛には欠かせないでしょう。

飲食業なら、質より量。あるいは、質と量があって安ければなお結構というわけです。居酒屋やラーメン店にとって大学は心強い存在です。

大学と鉄道駅を結ぶ動線上に店があれば、大学のポテンシャルを存分引き付けることができます。

 

反対に店のターゲット客層が、小中学校性だったり、年配の人向けだったりすると大学生は見向きもしません。

ですから、マクドナルドなどは、動線上にあってもあまりお客にはなってくれません。これは、商圏の質とは反対です。

 

ただ、大学にばかり依存すると、学生が大学に来なくなる季節はたいへんなことになります。

春休み、夏休み期間のことです。

 

 

動線 学生 北浦和

 

写真の左側に北浦和駅。右側方向に埼玉大学があり、写真に見えるバスは「埼玉大学行」。ここの吉野家はすでに営業40年以上です。


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP