リトルマーケットはベスト立地を狙うのが鉄則である

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

リトルマーケットはベスト立地を狙うのが鉄則である

立地について,出店戦略

2020/04/02 リトルマーケットはベスト立地を狙うのが鉄則である

リトルマーケットとは、500m圏内の小売業年間販売額の合計が200憶円未満の商店街のことである。

 

一見するとけっこう大きな額のように見えるが、これは東京都内の商店街を基準としているからで、全国の商店街のほとんどは、リトルマーケットと思ってよい。

 

リトルマーケットの特徴は、街の需要と供給がうまくバランスしていることだ。

 

就業や勉学での流入が多少ともあるが、多くは街から通勤し、通学しており、どちらかというと昼間人口はやや少ない。

夫婦共稼ぎではないならば、どちらかが街に残り家事や買い物をする。

だから、昼や夕方にはスーパーマーケットが賑わう。

昼過ぎには散歩する老夫婦や学校帰りの小学生が行きかう。

 

こんなイメージの街だ。

 

こういうリトルマーケットでの出店は、ベスト立地を狙うのが王道と言えよう。

駅があれば駅の改札口の正面。スーパーマーケットがあればやはり出入口の正面だ。

もちろん、駅からスーパーマーケットに向かう動線があるならば、同じ駅前でも動線上にある立地だ。

マクドナルドは必ず狙う。

 

こういった立地が重要な点は、競合する他社の店(競合店)が出店しても売り上げに受ける影響が少なくなることにある。

 

先発する店が、後発の店に負けることが珍しくはないのは、こういう原則を無視して出店しているせいだと言える。

 

 

駅 マクドナルド

 

 


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942 有限会社ソルブ
電話 03-3538-6603 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP