信号機で1分30秒以上待たされるようなら要注意だ

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

信号機で1分30秒以上待たされるようなら要注意だ

立地について

2020/01/14 信号機で1分30秒以上待たされるようなら要注意だ

信号が青になったとたん走り出す人々、こんな急いでいる人々はお客にならない。

000signalkitaurawa

 

全国の道路に設置されている「信号機」の数は20万基以上(警察庁208,061 基2016年)あるが、この信号機も立地論上見逃してはならない存在だ。

 

日本人のほとんどはこの信号機の指示に正確に従う。これが欧米のように信号機の指示などおかまいなしに交差点を横切る習慣があったとしたら、こうも立地を左右しないだろう。

 

しかし、日本人の多くが「おおらか」ということを示しているわけではない。

赤信号に出会った瞬間、大多数が「しまった!遅れた」と思うようである。

その信号待ちが30秒前後であれば、まあなかなか我慢するようであるが、急いでいるとき、なかんずく出勤時に1分30秒も待たされるものなら、

信号が青に変わったとたん、歩行者は一斉に走り出す。

1分30秒の遅れを取り戻そうと必死になる。

 

心が「目的地に1分1秒でも早く到達する」ことに支配されている人々を、店に引き付けることは容易なことではない。

だから、通勤・通学時の人々は、お客になりにくい。

 

1分30秒も赤信号を待たなければならない交差点、横断歩道の近くは、商売が難しい。

30秒待つとイライラが始まり、1分待つと明らかに多くの人々はイライラを自覚し、1分30秒待つと走り出す。これが人々に共通した信号機に対する人々の反応だ。

こういう信号機がなければ、繁盛したであろう交差点というのも多い。

 

 


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP