高速道路が繁盛をもたらす

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv

高速道路が繁盛をもたらす

立地について

2020/01/13 高速道路が繁盛をもたらす

000ic%e7%94%a8%e8%b3%80

東名高速道路、用賀インターチェンジには、マクドナルドが出店している。

敷地がきわめて狭く駐車もままならない店だが、四六時中、人々が集まってくるので、ドライブスルーは大繁盛。決して手放せない利益店となっている。

 

高速道路は、需要の高い人々を強力に集める重要なTGだ。

 

高速道路の「インターチェンジ(IC)」、これほど魅惑的なTGはない。

 

乗る側のインターチェンジ(IC)は、一般道路を経て交通(=人々)を集中させるます。数kmから10km前後の範囲からこのICに向かってきます。

そして、高速道路に乗ってしまうと、これ以降の買い物や休憩が容易にはできないので、「事前の買い物・休憩」のための行動を喚起させる場所でもあります。

つまり、その分だけ「購買意欲」が高いことを意味しており、多くの商店にとっては強力なTGとなります。

IC(乗り口)周辺は、立地としてはきわめて有効な場所だということです。

 

一方、降りる側のインターチェンジ(IC)は、長い運転を終えた後到達する場所です。高速道路から降りてくる車が通る場所ではありますが、一部を除きたいていは混雑することはありません。

しかし、数10KMから数百KMという遠方からやってくる車(人々)です。

その多くは、疲れており休憩が必要です。あるいは運転中にさまざまなニーズが出てきて、それらを解決できないでいるという「需要が大きい」人々です。

生理現象もあるでしょう。のどが渇いた水分を補給したい、腹が減った何か食べたい、腰が痛い背伸びがしたいなどの強い欲求が起きていることが多い。

中には、地図を見たい、雑誌を買いたいなどの需要もあります。

つまり、高速道路から降りてくる車(=人々)はさまざまに大きな欲求・需要を抱えているということです。

IC(降り口)周辺も、きわめて重要かつ有効なTGとなっているということです。

 

 

売上予測に使うデータなら商圏分析ソフト”統計てきめん2プレミア

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP