顧客ターゲットを明確にすれば出店ポイントも明確になる

(有)ソルブ 林原安徳

03-3538-6603

lv_r

顧客ターゲットを明確にすれば出店ポイントも明確になる

店舗営業,立地について,出店戦略,開店・閉店,販売促進

2019/09/21 顧客ターゲットを明確にすれば出店ポイントも明確になる

商売は、ただ商品を用意して、売れば良いというものではありません。

 

具体的に、「どのような誰に対して、どういうように喜んでもらえるか」がはっきりしていなければいけません。

これがはっきりしていないということは、何の宣伝もできないし、商売の理解も得られませんから、商売を大きくすることはおろか、維持していくことさえ難しくなります。

 

中でも、もっとも重要なことは、「どのような誰に」売るか、提供するかです。

 

これを、顧客ターゲットといいます。

 

これは、できるだけ具体的に決めることです。

 

たとえば、日本のマクドナルドは長い間、「0~39歳の人」を顧客ターゲットにしてきました。

ですから、キッズ、ファミリー、ヤングアダルトという分類をして、それぞれに喜ばれる店作り、商品づくり、サービス作りをしてきたのです。

日本マクドナルドは、ですから、中年以上の世代、高齢者は顧客ターゲットではありません。

幼稚園をプロモーションのタイアップ先にすることはあっても、高齢者介護施設は決してタイアップ先にはしません。

さらに、「中流家庭」を顧客ターゲットにしているので、「超お金持ち」や「超貧しい人」も顧客ターゲットではありません。

 

だから、超お金持ちが住んでいると言われる東京の田園調布や経堂、豪徳寺には出店しませんし、出店したとしても不振店になるだけでしょう。

 

では、この顧客ターゲットは、どういうふうに表現すれば良いでしょう。

もちろん、どういうふうに表現しようと、実践的に(=広告や販売促進をする時にすぐに役立つように)決めれば良いのですが、

今後の出店戦略ということを考えれば、次のように決めるのが良いでしょう。

 

①年齢層。これは0~4歳、5~9歳、・・・というように5歳刻みで特定することです。

もし、若者というのであれば、15~19歳では幅が有り過ぎるので、1歳刻みでも良いでしょう。1歳違いで、意識や価値観、行動がまったく異なるからです。

②男性か、女性か

③世帯で言えば、年収別の世帯で決めます。年収100万円未満、年収100~200、200~300,300~400,400~500.500~700,700~1000,1000~1500,1500万円以上の9階層の中のどれかを選びます。

④有職者や無職者か、無職者の中では、学生か、それ以外か

有職者の中では、農業、林業、漁業、鉱業、建設業、製造業、電気ガス水道、情報通信業、運輸・通信業、卸売・小売業、金融・保険業、不動産業、飲食・宿泊業、医療・福祉業、教育学習支援業、複合サービス事業、サービス業、公務の中で、従事する業種を選ぶと良いでしょう。

④その他 住宅の建て方別(戸建てや集合住宅)や所有別(借家や持ち家)で表現できるならそれを選んでも良いでしょう。

 

ターゲットが絞れていれば、全国のどこに出店したら良いか、ピンポイントで見つけることができます。

 

01clp30143

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP