店の回りに目立つ看板・標識があったら店は見えない

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

店の回りに目立つ看板・標識があったら店は見えない

立地について

2019/09/09 店の回りに目立つ看板・標識があったら店は見えない

実査で物件の視界性をチェックする際の注意点です。

歩行者やドライバーの自然な視界で、自店舗の看板それ自体が見えていなければいけません。

 

しかし、仮にそうだとしても安心はできません。
その周辺に目立つ看板などがある場合は要注意だからです。

 

 

ドライバーや歩行者の視線は、必ず目立つ看板の方にいくものです。

 

「目立つ看板」はだからこそ、有効だと言えます。しかし、目立つ看板のほうに視線・注意が行くということは、自店の看板には視線・注意が行かないということです。

 

注意が引き付けられるということは、自店の看板を含むほかの看板や標識に気づきにくくなることを意味します。

 

 

 

こうした現象を心理学では「ハロー現象」また「ハロー効果」と呼びます。
ハローとは、まわりがぼやけるという意味です。

 

「知覚」一般の仕方として起きる現象です。

ですから、大声で離したり、叫んだりすると人々は必ずその人に注意が行きます。これは聴覚という知覚ですね。

 

看板や店の外観を見る際に起きる「ハロー現象」は、立地では「視界退行」と呼びます。

 

目立つ看板というのは、
・大きな看板
・有名な看板
・動き(回転や電光掲示など)がある看板
・形状(フォルム)が周辺と異なる看板
などをいいます。

 

また、

 

大きな道路標識もドライバーの注意を引き付けるので、視界退行の原因となります。

 

自店の周辺に、上記のような看板がある場合は、視界退行が発生していないか、自身の目で確認しましょう。

 

 

スピード 光

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
林原安徳:有)ソルブは、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP