視界縮小、視界離脱と視界補助に対応した看板作り

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

視界縮小、視界離脱と視界補助に対応した看板作り

売上予測,看板

2019/03/01 視界縮小、視界離脱と視界補助に対応した看板作り

条件4.視界縮小がないこと。
これは見る側の問題で、徒歩の場合はあまり起きません。車のようにスピードを出して走っているときに起きる現象です。例えば、道路がカーブに入ったとき、ドライバーの視線は曲がる方向に移そうとするのですがなかなか追いつきません。どうしても視野が狭くなってしまいます。そのため、ゆっくり走っていれば見えるはずの道路カーブの内側の「看板」も「店」も見えないようになります(図6)。

%e5%9b%b36
また、車のスピード自体も視界を縮小させます。時速40キロで走っていた時に見える視野も、80キロや100キロになると見えなくなってしまいます。スピードを出している人には見えないということです。
条件5.視界離脱がないこと。
看板がごく自然に見えて、「お店がある」ことを認識できたとしても、肝心のお店が見えず「どこにあるか」がわからないため車のハンドルを切り損ねるということが起きます。これが視界離脱です。看板が見えたらそれに対応する店そのものも知覚できないと人は安心して知覚し行動に移すことはできないのです(図7)。

%e5%9b%b37
この場合も、結局はお店を認識することには至りません。もちろん記憶にも残りませんし、利用体験も得られません。
条件6.視界補助があること。
車ドライバーの視界は、平均的にプラスマイナス4度の範囲にあるとされています。これは100メートル離れていれば14メートルくらいの高さ(=電柱の高さ)に匹敵します。ですから、遠くから看板を見えるようにするにはこの程度の高さであれば良いのですが、店に近づくとかえって見えなくなってしまうのです。
つまり、せっかくの看板も視界外になってしまうからです。この場合でもしっかり店の存在を知らせるのが、低い背丈の補助看板となるわけです(図8)。これを視界補助と呼びます。

%e5%9b%b38

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
私は、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

 

お電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
有)ソルブ  林原安徳
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP