「見える」看板設置の5原則~視界性はこうやって改善する

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

「見える」看板設置の5原則~視界性はこうやって改善する

売上予測,看板

2019/01/31 「見える」看板設置の5原則~視界性はこうやって改善する

 

【「見える」看板設置の5原則~視界性はこうやって改善する~】
%e5%86%99%e7%9c%9f1%e3%80%80%e3%81%ae%e3%81%bc%e3%82%8a%e6%97%97%e3%81%8c%e9%82%aa%e9%ad%942
立地でできるアプローチとして、最も可能性が高いのが、
「看板の改善」です。

一概には言えませんが、私たちの経験上、「売れるはずなのに売れない」と感じているなら、まずは視界性から見直してみると、
売上げが改善されるケースが多くあると感じられます。
前回もお話しましたが、やはり多くの方が、「見える」ということには大きな誤解をしているのです。

お店側が「見える」と思っていても、お客さんから実際には「見えない」のであれば、それは「見えない」ということです。

そのすれ違いを、しっかりチェックして無くすことで、売上げが劇的に改善した事例は、いくらでもあります。

そして、看板のデザインや設置場所に工夫を施し、「見えない」を「見える」ようにすることが、視界性を高めるためには最善の方法なのです。
様々な要因でお店自体が見えなくなったとしても、看板が歩行者の視界に自然に入るようであれば、そのお店は「見えるお店」になれるのです。

今回は、そんな看板を作るための、「看板設置の5原則」についてお話します。

これは、今から出店する方々は勿論ですが、すでに営業しているお店についても、看板のデザインし直しを検討してみてください。

原則1「障害物をなくす」

これが最も基本的な考え方です。
物理的に看板を見えなくさせている要素を、限りなくゼロにするのです。

 

TOP