直前直後の施設のことをマーケティングではTGと呼んでいます

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

直前直後の施設のことをマーケティングではTGと呼んでいます

売上予測

2019/01/23 直前直後の施設のことをマーケティングではTGと呼んでいます

売上予測をエクセルで極める その106 タイアップ
さて、この用紙で1000サンプル近く回答を集めてください。誤差を小さくするためにくれぐれも100サンプル以下で終わりにしないでください。

さて、ポイントは、“Aの直前であれ、Bの直前であれ、自宅、知人・友人・親戚宅と答えた人以外の回答にどのような施設が書かれているか”です。

ここに書かれた施設の中にこそ、あなたがタイアップすべき相手が書かれているのです。
それを集計してみましょう。
ア)○○スーパー 35人、イ)△△大学23人、ウ)□□市役所18人。。。。

のように、集計できるはずです。
そうです。あなたがタイアップすべきは、この上位に集計された施設なのです。
この例のように、○○スーパーが直前・直後として利用されているのなら、このスーパーマーケットとのタイアップを考えてみましょう。
お互いの持っているチラシを貼り合うという簡単なものから、先ほども出たスタンプラリーをやっても良いでしょう。
もちろん、この解答用紙の束と調査結果を持った上なら、先方に対して、お互いにタイアップすることがとても意味のあること、売上改善につながることを強調し説得することは簡単なはずです。
ちなみに、この直前直後の施設のことをマーケティングではTG(Traffic Generatorティージー)
と呼んでいます。

立地では、さらにこの概念を広げ、TGは「人々が集中する施設、またはその場所である」と定義されています。こうした違いはあるもののお店に影響を与えるTGを把握しておくということは、どんなお店においても重要な販売促進の種になるということです。
さあ、今日から準備しましょう。

キャプション
図1 直前の場所(実際の事例です)

%e5%9b%b31
これを見ると直前の場所は「自宅」が最も多く、次いで多いのが「買い物先」であることがわかります。そして、この買い物先が具体的にどこであるかを知ると、タイアップ先が見るかるのです。
図2 直後の場所

%e5%9b%b32
図1と同じ店で出た結果です。
比率こそ違え、直後においても「自宅」「買い物先」の順になっています。
アンケート用紙

%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88
このままお使いになっても構いませんので利用してみてください。

 

 

TOP