チラシ・クーポン券の役割は何でしょう

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

チラシ・クーポン券の役割は何でしょう

売上予測

2019/01/17 チラシ・クーポン券の役割は何でしょう

 

チラシ・クーポン券の役割
ところで、チラシ・クーポン券の役割は何でしょう。もちろん、売上を上げることですが、売上を上げると言っても3つの着眼点がありますね(図表2)。

%e5%9b%b3%e8%a1%a82
売上=顧客数×来店頻度×客単価 の中でも、まず一番に大事なことは、顧客数を増やすことです。そのためには、一人でも多くの人にお店の存在を知ってもらうことです。
これがチラシの役割ですね。
これに対して、クーポン券の場合、たいていは「安価に」食事ができたりする代わりに、使用期限を設けることで来店頻度を上げることを目的とします。

さて、マーケットの違いが、これらの配布方法とどう関係してくるでしょうか?
まず、リトルマーケットです。
そもそもこのマーケットでは、顧客の来店範囲や顧客になりそうな人々の住む範囲は限られています。ですから、店の近くや店に向かう直前にいたであろう場所=TG=交通発生源=駅や大型商業施設で、チラシを撒いてもその効果は低くなります。クーポン券を配ってしまえばみすみす客単価を下げてしまうかもしれません。なぜなら、そうした場所は、既存客のほとんどがいるからです。
効果を上げるには、既存客が通る行動経路とは別のところでチラシを撒かなければなりません(図表3)。

%e5%9b%b3%e8%a1%a83

例えば、駅の東口に店があるのであれば、西口で配ります。
あるいは、店舗に直接影響を及ぼしている可能性が低いほうの商業施設の前で配布することです。とは言っても、リトルマーケットならばこれらの施設はさほど離れてはいないでしょうから、既存顧客が多少重複してしまうのは仕方ありません。

 

 

TOP