比較法1 既存店の立地得点と係数を求め新店を売上予測する方法

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

比較法1 既存店の立地得点と係数を求め新店を売上予測する方法

売上予測

2019/01/05 比較法1 既存店の立地得点と係数を求め新店を売上予測する方法

 

さて、今回から、コンピュータを駆使して、新店の「売上予測」を行っていく方法を説明していきましょう。
コンピュータと言えば、難しそうに思えるかもしれませんが、エクセルなどの表計算ソフトを使ったことのある人なら、容易にわかるはずです。もし、扱ったことがなければ、これを機会にして、コンピュータに慣れ親しんでください。
まず、手始めに「比較法」での売上予測をやってみましょう。

%e5%9b%b31
簡単に、概略を言いますと、「既存店の立地を数値化したものを元に、立地得点と係数を求め、新店の立地得点から売上予測するもの」です。
その順番を具体的に書くと次のようになります。
Step1.既存店を選ぶ
Step2.立地要因をリストアップする。
Step3.既存店それぞれに、立地要因の点数をつける
Step4.それぞれの立地要因に、ウェイトを与える
Step5.既存店の店舗別に、立地得点を付ける
Step6.立地得点と売上との関係式(係数)を求める
Step7.予測対象物件の立地得点を出し、売上予測する。
この7つのステップで、予測ができます。ちょっとしたコツさえつかめば、誰でも簡単に、売上予測をすることができるので、初心者向けにはとても良い練習になります。

それでは、それぞれのステップについて、詳しく説明していきましょう。

Step1.既存店を選ぶ
比較法を行うためには、既存店が4店舗以上あり、それぞれの月間売上が6か月以上あることが必要です。仮に、それより少ないような場合は、同業他社の店であっても構いません。ただし、既存店同様、月間売上がわかっていなければなりません。売上でなく客数でも構いません。

TOP