範囲限定法5 ステップ5 自分の出した結論をチェックする

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

範囲限定法5 ステップ5 自分の出した結論をチェックする

売上予測

2019/01/02 範囲限定法5 ステップ5 自分の出した結論をチェックする

ステップ5 自分の出した結論に間違いがないかチェックする。
ステップ2~4を繰り返しているうちに、これ以上は無理だと思える範囲まで、売上予測値を縮めてくることができます。これが、結論です。しかし、もう一度、この結論に至った考えの過程をチェックしてみましょう。さきほどのように矛盾が生じていないか?誤った立地の概念を使っていないか?通行量や商圏人口などに過度に期待していないか、などのチェックです。
できれば、自分が考えた過程を、親しい友人や同僚に話してみて、その人達に客観的に聞いてもらうようにします。他の人を説得できるほどじゅうぶんな根拠と考え方が出来ているなら合格です。

ところで、こうして予測した売上は、「経験と勘」とどう違うのか。それは、冒頭で書いたように、高い精度で予測できるようになることです。それは、立地上のきちんとした説明の筋道を立てながら行う予測だからです。これは、単に担当者が根拠もなく頭に浮かんだイメージだけで行う「経験と勘」とは全く異なることを意味しています。また、今まで紹介した3つの方法のような、一見合理的・客観的に見えてその内実は「経験と勘」に限りなく近いやり方とも、もちろん違います。
範囲限定法は、もっとも簡単なようでいて、一番苦しみながら予測する精度の高い手法なのです。
この手法ができるようになれば、あなたの立地選別眼はプロ並みになります。

 

%e7%af%84%e5%9b%b2%e9%99%90%e5%ae%9a%e6%b3%95%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%a3%b2%e4%b8%8a%e4%ba%88%e6%b8%ac

TOP