売上予測をエクセルで極める その27 すっぽぬけ

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

売上予測をエクセルで極める その27 すっぽぬけ

売上予測,立地について

2018/12/09 売上予測をエクセルで極める その27 すっぽぬけ

売上予測をエクセルで極める その27 すっぽぬけ

一方、道路の付き方が特別なため、「すっぽぬけ」が起きることがあります。
例えば、図2のとおり、普通なら、自動車はA→B→Cと通るため、店の前を通るはずなのに、実際は、A→D→C とショートカットしてしまうため、店の前を通らないというような現象です。

%e5%9b%b3%ef%bc%92
この図は分かりやすいので、この構造を覚えておきましょう。

自動車ばかりではなく、徒歩で来る場合でも同じような現象は起きます。

一般的に人々は、大きな道路を渡るとき、登り降りをしなければならない横断陸橋を避けたがります。ですから、平面を行く横断歩道があれば、多少信号の時間を待っても、こちらを渡るものです。
図3を見てください。ここでは、交差点には陸橋のみで、平面を行く歩道がありませんので、(A)に住んでいる人々、働いている人々は、その交差点の陸橋(B)を通らずに、横断歩道(C)を行き来してしまいます。

%e5%9b%b3%ef%bc%93
すると、本来は、「良い立地」と言われがちな交差点周辺であっても、地元の人が通らない貧乏立地になってしまうのです。これが、「すっぽぬけ立地」です。
駅前ロータリーでも似たような現象がおきます。一般的に、ロータリーに沿って店が並ぶ(図4)のですが、ここがよく「すっぽぬけ」を起こしやすいのです。

%e5%9b%b3%ef%bc%94

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
私は、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

 

お電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
有)ソルブ  林原安徳
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
「エクセルの活用法」の関連リンク
●売上予測のフォーマット(売上予測を重回帰分析で行う手法14)

●エクセルを活用しよう 1(売上予測を重回帰分析で行う手法16)

●エクセルを活用しよう 2(売上予測を重回帰分析で行う手法17)

●売上予測をエクセルで実現する (売上予測を重回帰分析で行う手法20) 

●売上予測はエクセルの関数を使ってもできることはできる。

●高精度/売上予測モデルはエクセルで分析したら、エクセルで運用した方が良い2つの理由。

●エクセルで用いる角度の単位は「度」ではない。売上予測の基礎の基礎(3)

●エクセルの関数で描ける”減衰曲線”が売上予測に役立つ。売上予測の基礎の基礎(4)

●売上予測に役立つエクセルで表す「成長曲線」の関数 売上予測の基礎の基礎(5)

●エクセルで最も重要な関数は「IF」と「VLOOKUP」だ。売上予測の基礎の基礎(6)

●VLOOKUP関数は、エクセル最強の武器だ。売上予測の基礎の基礎(7)

●VLOOKUP関数(エクセル)の兄弟、HLOOKUP関数も使えるとなお良い。売上予測の基礎の基礎(8)

●VLOOKUP関数によく似た便利なエクセルの関数、INDEXに注意せよ。売上予測の基礎の基礎(9)

●エクセルの関数、SUMPRODUCT関数も売上予測に役立つ 売上予測の基礎の基礎(10)

●エクセルの数字や関数は、数値と文字(文字列)の2種類ある。売上予測の基礎の基礎(11)

●エクセルの文字列関数で、地点座標を変換する 売上予測の基礎の基礎(13)前半

●エクセルの文字列関数で、地点座標を変換する 売上予測の基礎の基礎(13)後半

●変数が多くなり、エクセルの重回帰分析が嫌いにならない内に行動すべし

●売上予測モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その1

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その2

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その3

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その4

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その5

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その6

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その7  マクドナルド1987年

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その8 作れないモデル

●売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その9 悪用厳禁

●’売上予測 モデルをエクセルの重回帰分析で作ろう その10

TOP