割引券を店の直前や直近で配ってはならない

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

割引券を店の直前や直近で配ってはならない

立地について

2018/10/22 割引券を店の直前や直近で配ってはならない

次は、動線を探しましょう。

 

TGとTGの間の立地には、動線ができるのでしたね。

その動線上で、同じようなことを行います。

 

動線上にある民家や施設の壁に、小さなプレート状の看板を貼り付けることができるかどうか、考えてみることです。

 
ところで、TG付近や動線上で、自店舗のチラシや割引券をひんぱんに配るということはとても売上をアップさせる上で重要です。

 

行ってはいけないことは、店の直前や直近で配ることです。

 

これでは、何もしなくても来てくれるお客様にしつこくするだけで、新しいお客様、売上は望めません。

 

それより、多少遠くても、強い力があるTGやその動線上の立地で配ることが良いのです。

 
人々の中には、チラシや割引券の受け取りを拒否する人がたくさんいます。

 

しかし、そうした人達もお客様にしてしまう方法があります。

 

それが、プラカードやサンドイッチマンです。恥ずかしいと思ったらできません。

 

でも、恥ずかしがっていたら、売上は望めません。店長自ら率先して行い模範を示した後、従業員にも行ってもらう。

 

もちろん、時給アップのインセンティブ付きです。

 

 

さて、最後に、視界性評価ですが、せっかく作った看板も、その内容が“お客様”に伝わらなければ何にもなりません。

何を伝えるべきか、とことん絞込みをしてください。掲載する情報は少なければ少ないほど良い。できれば、あなたの店のシンボルマークと場所を示す矢印だけというのが理想です。

 

Image138_ed

Image138_ed

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
私は、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

 

お電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
有)ソルブ  林原安徳
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

TOP