立地の用語3 ハフモデル インアウト

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

立地の用語3 ハフモデル インアウト

立地について

2018/10/09 立地の用語3 ハフモデル インアウト

立地の用語3 ハフモデル インアウト

ハフモデル
売上予測をするコンピュータモデルの古典的な手法である。元は米国の経済学者デービッド・ハフ博士が考案したものであり、日本では、経済産業省(旧通商産業省)でモデルの修正がなされ、戦後多くのショッピングセンターや大型百貨店などで応用されてきた。〒これは、「人々の店舗での消費購買は、店舗面積が大きいほど、距離が近いほど高まる」という仮説に基づき確率モデル化したものである。広域で多量の計算を伴うこと、何層もの修正を施す必要があるなど実際の運用に多くのは困難さと限界を伴う。また、新規の店舗ビジネスやサービス業、飲食業など商業統計の整っていない分野では適用できない。〒
昨今GIS(地理情報システム)の進展が著しく、日本の複雑な道路構造や地形構造を考慮した計算をしたり、ミクロの視点(店舗の見え易さや出入り易さ)の取り込みができればその応用範囲が広がると期待される。
インアウトIN/OUT
車での来店を主たる顧客にする小規模店舗で、道路から駐車場敷地への入り易さ(IN)及び、そこから道路への出易さ(OUT)を指す。立地概念。これらは人々が店舗を選択する理由の一つであり、立地上の重要な要素と考えられている。〒例えば、間口は路面に対して最低6メートルの幅が必要であり、敷地との道路面との間に大きな段差がないことが望まれる。橋脚の柱などの障害物や道路上の中央分離帯の有無などもインアウトに影響を与える。〒また、側道や裏道、店舗直前・直後の信号などがあることで、インアウトは改善される。

 

6%e8%a6%96%e7%95%8c%e8%a3%9c%e5%8a%a9%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%ae%e3%81%ae%e3%81%a0%e3%81%a6%e7%9c%8b%e6%9d%bf

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
私は、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

 

お電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
有)ソルブ  林原安徳
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP