商圏調査で店売上をアップさせる方法-10/10

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

商圏調査で店売上をアップさせる方法-10/10

商圏,販売促進,飲食店経営

2018/10/01 商圏調査で店売上をアップさせる方法-10/10

商圏調査で店売上をアップさせる方法-10/10

3)購買単価を上げる

最後は購買単価を上げる方法です。これには2つのエリアが考えられます。

F.所得層の高いエリア

ただし、ここで作るべきチラシは、「高単価だけど高品質」という視点を欠かさないことです。「安かろう悪かろう」というものは嫌われます。

一方、この「所得層の高いエリア」は、通常の統計では見つかりません。ですので、「所得層の推計値(図5)」が表示されるソフトウェアを用意しましょう。

もちろん、その気さえあれば、店長は商圏内を広く歩き回って調査することができます。そして、所得層が高いうエリアを実感して探し出すことができるはずです。

G.世帯人数の多いエリア

現代は、1人暮らしや夫婦だけという世帯がきわめて増えています。そういうエリアにチラシを撒くよりも、家族の構成人員が3人、4人、5人という世帯が多いエリアに撒いた方が、「ファミリー客」を確保することができます。

例えば、家族の誰かを祝ってやりたい、夕食は家族で揃って外食したい、そういったニーズに応えることができます。1人で来店するより、割安です。こういうチラシがあると使えます。

1. 住民浸透度係数の計算法

例えば、地域Aの人口が2500人、アンケートで集めた全サンプル数N560、そのうち、Aから来店したという人NAが45で、この店の1ヶ月の客数K2400人だったとします。そうすると、Aの住民浸透度係数は、2400×45/560÷2500×1007.7%となります。

%e5%9b%b31

住民浸透度係数が5%以上の町丁目を色塗りして商圏を確定します。

人口増加率を表示したもの。色が濃い区画は2000年から2010年にかけて20%以上増加した地域。「統計てきめん2プレミア」(ソルブ社製)を使用。

%e5%9b%b34
下図.色が濃い区画は 年収600万円以上の世帯が300以上ある。上図と同じ地域を表示しているが、その区画の場所がまったく違うことがわかる。「統計てきめん2プレミア」(ソルブ社製)を使用。

%e5%9b%b35

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

商圏アンケート地図もすぐに作成できる

最強の商圏分析ソフト「統計てきめん2プレミア」のご案内

「統計てきめん2プレミア」の詳しい説明はこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「商圏調査で店売上をアップ」の関連リンク
●商圏調査で店売上をアップさせる方法-1/10
●商圏調査で店売上をアップさせる方法-2/10
●商圏調査で店売上をアップさせる方法-3/10
●商圏調査で店売上をアップさせる方法-4/10
●商圏調査で店売上をアップさせる方法-5/10
●商圏調査で店売上をアップさせる方法-6/10
●商圏調査で店売上をアップさせる方法-7/10
●商圏調査で店売上をアップさせる方法-8/10
●商圏調査で店売上をアップさせる方法-9/10
●商圏調査で店売上をアップさせる方法-10/10

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
私は、立地と高精度/売上予測で「不振店」を根絶します。

 

お電話 048-711-7195 メール問合せは、こちら
有)ソルブ  林原安徳
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

TOP