物件の売上予測レポートはこうやって書く

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

物件の売上予測レポートはこうやって書く

売上予測調査部

2018/03/12 物件の売上予測レポートはこうやって書く

売上予測したら、その結果を経営陣とシェアしなければならない。

一つはレポート(報告書)で、もう一つは、プレゼンテーションでシェアする。

 

まずは、売上予測レポートの作り方(構成)について書いておこう。

レポート1)表紙

表紙は、シンプルに次の4点を書いておかなければならない。

管理番号、物件名、出来上がり年月日、そして、「配布先」である。

売上予測レポートは、超一級の秘密文書である。したがって、その管理も厳重でなければならない。

そこで、「配布先」を明記しておかなければならない。社長、店舗開発本部長、営業本部長、そして「売上予測調査部」である。

複製が多ければ多いほど、漏えいのリスクは高まる。

レポート2)目次

 

レポート3)商圏地図(広域地図)

これは、最も重要なページである。ロードサイド物件なら、半径2~3km圏をカバーする範囲の地図を用意する。

その上で、商業集積地域、大型商業施設、レジャー施設などの場所と規模、駅名と乗降数、幹線道路名と交通量、同業店のプロット、その他、立地上重要なものを全て書き入れておくのだ。

レポート4)物件回りの地図(詳細地図)

物件が、その周囲とどのような位置関係にあるか、計測したらその交通量、視界性評価の状況、IN/OUT評価の状況を書き入れる。

物件に特殊な条件があるならばここに書いておく。

 

レポート5)売上予測とコメント

この報告書の結論は、売上予測であるから、このページは、なるべく早くおいておくことが望ましい。

コメントについては、売上予測だけでは語り尽せぬ問題点やメリットを書いておく。「出店は時期尚早」などと意見を書くのもけっこう。

 

レポート6)物件の良いところ、悪いところ(他の表現なら「機会点」・「問題点」、「メリット」・「デメリット」)を書く。

レポート7)比較表

物件と似たような立地、または商圏にある既存店を、3~4件選び、それらと、立地・商圏の違いを、表にしておく。

マクロ的な面(商圏やマーケット、PCなど)とミクロ的な面(TGや動線、視界性)、物件のキャパシティ、同業店の存在、そして既存店の売上を書いておくと良い。

 

レポート8)資料

とくに、統計を使って商圏分析した場合の資料が含まれる。

また、物件の損益分岐点や予想収益などのシミュレーション結果なども重要である。

 

000

 
「売上予測調査部」の関連記事
●先見性のある企業、ない企業 投稿日 : 2014年5月30日
●売上予測モデルをチェーン企業で活かせる唯一の方法
●調査し売上予測する部門を持つメリットは3つある。
●「いまどき、出店調査部門がないチェーン企業は危うい」と言われているのはなぜか?
●出店判断するための調査の項目を欲しがる開発責任者は失敗する。売上予測調査部の本音-1
●立地の良否を見分けて売上を伸ばし続けていくチェーン企業の条件  売上予測調査部の本音-2
●酔いて、唄って、踊って 売上予測調査部の本音-3
●売上予測もプレゼンしてこそ値が定まる 売上予測調査部の本音-4
●代休をしっかり与えなければならない。売上予測調査部の本音-5

 

有限会社ソルブ

電話番号:048-711-7195
住所 〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP