年齢別グラフを作ると将来のターゲット人口が増加していることも 売上予測・立地調査の所見15

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

年齢別グラフを作ると将来のターゲット人口が増加していることも 売上予測・立地調査の所見15

立地について

2018/02/11 年齢別グラフを作ると将来のターゲット人口が増加していることも 売上予測・立地調査の所見15

プラス要因

“●イオン、ACOOP、マルキョウという強いTGがある。
●商圏はほぼ北方向に5km広がる可能性が高い。
●視界性評価がほぼ良好である。
●敷地が広く駐車台数が40台と多い。

●ターゲット人口が増加することが予測される”

 

マイナス要因

“●イオンが競合相手となる可能性が残る。
●店舗(物件)の視界性に難がある。

“ 本物件周辺の人口は、2000年以降、減少し続けております。
加えて、商業(小売業)も大きな減少傾向にあります。
しかしながら、人口の推移を、

年少人口(0歳~14歳)の予測、

生産年齢人口(15歳以上64歳以下)の予測、

高齢者人口(65歳以上)の予測と3区分して、人口予測を行うと、下図グラフのとおり、全体としては予測人口は激減していくものの、

「ファッションハウス●●」のメインのターゲット層(50歳代~60歳代)の一段上の層(高齢者人口)になると、

人口は減るどころか微妙に増え続けていくと予測されます。

 

グラフを見て、この点を踏まえた店作り、改善がなされればじゅうぶん営業継続、繁盛店化は可能と考えます。”

%e7%94%9f%e7%94%a3%e5%b9%b4%e9%bd%a2%e4%ba%ba%e5%8f%a3%e3%81%ae%e8%a1%a8グラフ 年齢別

 

「売上予測・立地調査の所見」の関連記事
●売上予測・立地調査の所見1.視界性に極端な難がある天神の物件
●ビル内の物件 売上予測・立地調査の所見2.流入層と業態がマッチ、目的来店し易い
●広域性が高いが通過性も高い:売上予測・立地調査の所見3
●地域の住民に需要が充分にあるか。売上予測・立地調査の所見4
●物件近くに同業店が出店しているが、注意すべき同業店は…売上予測・立地調査の所見5
●最良の福岡マーケットで最悪の物件/店舗 売上予測・立地調査の所見6
●物件/店舗の認知度を上げるには看板設置に工夫がいる 売上予測・立地調査の所見7
●人口が少なく減少が著しい立地の物件 売上予測・立地調査の所見8
●広域に道路が延伸しないなら看板が不可欠 売上予測・立地調査の所見9
●駐車場がない、少ない物件には手を出すな! 売上予測・立地調査の所見10
●大震災で打撃を受けた物件を再興する 売上予測・立地調査の所見11
●売上予測・立地調査の所見12 増加傾向の人口、しかし、人々の行動は分散化傾向にある
●人口増加がこれからも期待できる有望な商圏 売上予測・立地調査の所見13
●立地における重要な2要件を改善する必要がある物件 売上予測・立地調査の所見14

TOP