売上予測には3種類ある。新店候補の売上予測はその一つに過ぎない。

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

売上予測には3種類ある。新店候補の売上予測はその一つに過ぎない。

売上予測

2018/01/16 売上予測には3種類ある。新店候補の売上予測はその一つに過ぎない。

売上予測には3種類ある。新店候補の売上予測はその一つに過ぎない。

 

弊社が行っている売上予測は、新店候補の売上予測です。

これは、店がオープンする前に、その店がオープンした後の売上を予測するというものです。

一見しただけでは、これは、「未来予測」のように思えますが、それは違います。

「今、この場所に店があるとしたら、このくらいの売上が望めるだろう」という現在予測、あるいは、既知の予測というべきものです。

なぜなら、この売上予測をするためには、今現在の店の立地と売上を根拠に算出しているからです。

 

これに対して本当の「未来予測」としての売上予測は、いわゆる営業予算の予測をすることです。

過去から現在にかけて、これこれこのように売上が変化してきた(増えてきた。減ってきた)から、今後は、これこれこのように変化していくだろうというものです。

この予測のことを「時系列予測」と呼びます。

知っていましたか?この時系列予測なら、エクセルで簡単にできるということを。

「データ」タブの中にある「予測シート」というものです。

 

予測する元となる過去の連続した日付(連続した月)とデータ(売上など)の2列を選択します。

その後「予測シート」をクリックすると次のような画面が現れて、今までを「青い線」、これから未来を「赤い線」で描いた予測が、すぐさま描画されます。

たとえば、下図のようです。

jikeiretu-yosoku

 

3番目は、イベント売上予測です。

 

これは、その名の通り何らかのイベントに対して、売上予測をするものです。

テレビコマーシャルをした場合に、どれだけ売上が増えるか、とか、

チラシを撒いたらどれだけ売上が獲れるかというのも、イベント売上予測と言えます。

 

 
「エクセルの活用法」の関連記事
●統計てきめん2プレミアの解説動画 step5 色分布の設定とコピペの仕方 投稿日 : 2016年3月26日
●売上予測のフォーマット(売上予測を重回帰分析で行う手法14)
●エクセルを活用しよう 1(売上予測を重回帰分析で行う手法16)
●エクセルを活用しよう 2(売上予測を重回帰分析で行う手法17)
●売上予測フォーマット(売上予測を重回帰分析で行う手法19)  
●売上予測をエクセルで実現する (売上予測を重回帰分析で行う手法20) 
●売上予測はエクセルの関数を使ってもできることはできる。
●高精度/売上予測モデルはエクセルで分析したら、エクセルで運用した方が良い2つの理由。
●売上予測には3種類ある。新店候補の売上予測はその一つに過ぎない。

 

有限会社ソルブ

電話番号:048-711-7195
住所 〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP