自動車実査のポイントは、やはりTGを確認すべし。

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

自動車実査のポイントは、やはりTGを確認すべし。

実査

2018/01/12 自動車実査のポイントは、やはりTGを確認すべし。

自動車実査のポイントは、やはりTGを確認すべし。

 

自動車来店がメインの立地の場合、何をポイントに実査すべきであろうか?

もちろん、対象地点、物件のまわりの道路事情を調べておかなければならない。

渋滞はどこで起きるのか?なぜ起きるのか、踏み切りか、道路のキャパか、信号か。

はたまた、道路はどこまで続いているか、2km圏内でT字路になってしまうのか、それより延伸しているのか?

どこが坂道になっていて、どこに橋梁があるのか。

 

また、同業店、競合店の位置とその立地や駐車場の広さも見ておこう。

 

しかし、もっとも重要なことは、やはりTGの確認である。

TGの中でも、車がたくさん発生するショッピングセンターなどの大型商業施設はもちろんのこと、日常品・食料品を売るスーパーストアは必見である。確認すべし。

そこに集まってくる自動車がたくさんあるということは、それだけ商圏内の動きがあるということである。

特に、大都市圏の周辺には、スーパーストアが多く、その位置関係を確認するである。

 

実査のポイントは、次の点である。

もし、そういうスーパーストアが、物件より離れたところに分散して存在しているなら、物件前を通る必然性が低くなる可能性が高い。

反対に、物件の近くにスーパーストアがあり、周辺にはスーパーストアがないような場合、物件前を通る必然性が高くなる。

 

こうしたTGの他に、大きな橋や高速道路のインターチェンジなども、立派なTGである。必ず実査で確認しておかなければならない。

 

%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%86%e6%b7%b1%e8%b0%b7%e5%ba%97

 
「実査」の関連記事
●高輪・泉岳寺を実査しました 投稿日 : 2015年2月27日
●大倉山で11物件見つけました。 投稿日 : 2015年2月28日
●実地調査から読み解く 販売革新: 2014年12月号
●実査は、足を痛めるが、頭脳には良い。物件(不動産)の立地調査。
●実査の意義の第1は、売上予測を目的とすることです。
●実査の意義の第2は、人間の五感を最大発揮して、感じることです。
●実査の意義の第3は、数値化することです。
●実査の意義の第4は、比較することです。
●実査の意義の第5は、仮説し検証することです。
●自動車実査のポイントは、やはりTGを確認すべし。

 

 

有限会社ソルブ

電話番号:048-711-7195
住所 〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP