売上予測モデルの肝は精度だということを忘れてはいけない。その3

有限会社ソルブ

048-711-7195

〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

lv

売上予測モデルの肝は精度だということを忘れてはいけない。その3

売上予測

2017/12/07 売上予測モデルの肝は精度だということを忘れてはいけない。その3

売上予測モデルの肝は精度だということを忘れてはいけない。その3

 

弊社には、よく、「立地と売上予測」についての問合せが入ってくる。

もちろん、弊社が立地と売上予測についての専門会社だから、当然と言えば当然なのかもしれない。

でも、最近の問合せは、少し前のとは、だいぶ変わってきている。

 

まず、担当者の良かれの主張があって、経営幹部、いわゆるマネージメントに問題があるという問題意識をもった問合せだ。

出店に際して、マネジメント、管理職同士がケンケンガクガクで、なかなか成果が上がりにくい、

つまり、自社の売上予測モデルが思うように精度が上がらない。

ここで、立ちわける必要がある。

ディシジョンを決めるための過程と、売上予測モデルで高い精度で予測することはまったく別のことである。

これが、組織内でごちゃごちゃになって、何が真の問題なのか、見えなくなっている。

 

一方、売上予測モデルが、簡単に作れると思っている節があるから、話しは厄介だ。

 

どこの優秀な企業でも、人材難でなかなか売上予測を専門にやれるとは考えていない。

それどころか、「売上予測やりますよー」という調査会社だか、コンサルタント会社だか知らないが、あちこちに唾をつけては聞きまくっている。

んな簡単なわけないだろう。売上予測を甘くみんなよーと口に出したくなる。

 

精度の高い売上予測モデルは、豊富な経験がなければ、構築は難しい。

自分らができないけれど、自分ら以外の第三者なら、すぐできると思っている節もある。

だーから、企画好きなマーケッターや、恥ずかしげもなく「何でもできる」と売り込むコンサルタントに、コロッと騙される。

 

それだけ高い授業料を払うわけだ。

 

羹に懲りてあえ物を吹くの譬えじゃないが、話しを論理的に聞けば、できるかできないか、わかるはずである。

 

売上予測モデルは、並の人には、作れない。

 

 

 

有限会社ソルブ

電話番号:048-711-7195
住所 〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP