売上予測フォーマット(売上予測を重回帰分析で行う手法19)  

(有)ソルブ 林原安徳

048-711-7195

lv

売上予測フォーマット(売上予測を重回帰分析で行う手法19)  

売上予測

2017/11/12 売上予測フォーマット(売上予測を重回帰分析で行う手法19)  

売上予測フォーマット(売上予測を重回帰分析で行う手法18)

 

売上予測モデルの醍醐味は、この”売上予測フォーマット”を作る過程です。

 

重回帰分析を行って重回帰モデル(売上予測モデル)を、エクセルのシート状に実現しただけでは、売上予測はできません。

 

どのようなデータを使ったか、データを使って説明変数をどのように定義したか、そもそもデータはどこにあったものを参照してきたか、少なくともこの3つが分かっていないと、売上予測フォーマットは作れません。

 

売上予測モデルが作られたシートにまず、「予測」の行を1行入れることです。

 

そして、その予測行には、店舗番号を 別のセルに書き込むだけで、それぞれの完全なデータが表示されるようにしましょう。もちろん、予測理論値も出るようにします。

それができたら、新しいシートを加え、そこに、その予測行のデータをカットアンドペーストしてください。

 

そして、説明変数セルの上に、項目名称(「商圏人口」とか「駅効果指数」・・)を書き込みます。

次は、説明変数データと項目名称をセットにして切り取り、シートに上にうまくきれいに収まるように配置させましょう。

もちろん、説明変数が、何か別のいろいろなデータの組合せで作られているものなら、それらの必要なセルも、カットアンドペーストしておく必要があります。

 

簡単な定義も入れておくと便利です。

 

また、売上予測フォーマットには、売上予測の理論値(中央値)と、上限値、下限値も表示できるようにカットアンドペーストしておく必要があります。

 

一通り、売上予測フォーマットに、データ項目名、定義、店舗番号で参照したデータ等が、揃ったところで、

その店舗番号に対応する店舗名と実績値、を表示できるようにしましょう。

 

これで、売上予測フォーマットの形はできました。

 

次は実践用に作り替える必要があります。

先ほどは、別のシートに揃えてあったデータや説明変数、理論値などを参照すれば良かったのですが、

次は、その別のシートの欄外に、「ダミーの数字」をいれて、上とまったく同じように、売上予測フォーマットに展開します。

 

これで、売上予測フォーマットは完成です。

186_0e23z

 

 
「重回帰分析の方法」の関連記事20180105時点
●売上予測を重回帰分析で行う手法 1
●t値が大事です。(売上予測を重回帰分析で行う手法2)
●修正済み相関係数とは(売上予測を重回帰分析で行う手法3)
●目的変数の決め方(売上予測を重回帰分析で行う手法4)
●残差分析で考える(売上予測を重回帰分析で行う手法5)
●マルチコに気をつけよ(売上予測を重回帰分析で行う手法6)
●感性を数値化せよ(売上予測を重回帰分析で行う手法7)
●競合指数の出し方(売上予測を重回帰分析で行う手法8)
●立地指数の出し方(売上予測を重回帰分析で行う手法9)
●商圏分断を数値化する(売上予測を重回帰分析で行う手法10)
●商圏拡大を数値化する(売上予測を重回帰分析で行う手法11)
●ダミー変数が役に立つ(売上予測を重回帰分析で行う手法13)
●売上予測のフォーマット(売上予測を重回帰分析で行う手法14)
●売上予測値と実際の理論値の差を計算する(売上予測を重回帰分析で行う手法15)
●エクセルを活用しよう 1(売上予測を重回帰分析で行う手法16)
●エクセルを活用しよう 2(売上予測を重回帰分析で行う手法17)
●売上予測モデルはいくつ作れば良いか?(売上予測を重回帰分析で行う手法18)く
●売上予測フォーマット(売上予測を重回帰分析で行う手法19)  
●売上予測をエクセルで実現する (売上予測を重回帰分析で行う手法20) 

 

有限会社ソルブ

電話番号:048-711-7195
住所 〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP