「オーナーのための立地の見方 こんな店舗は失敗する! 第2回 郊外ロードサイド編  月刊コンビニ連載2010年12月号

有限会社ソルブ

048-711-7195

〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

lv

「オーナーのための立地の見方 こんな店舗は失敗する! 第2回 郊外ロードサイド編  月刊コンビニ連載2010年12月号

立地について,月刊コンビニ

2017/10/26 「オーナーのための立地の見方 こんな店舗は失敗する! 第2回 郊外ロードサイド編  月刊コンビニ連載2010年12月号

「オーナーのための立地の見方

こんな店舗は失敗する! 第2回 郊外ロードサイド編  月刊コンビニ連載2010年12月号

 

「立地の便利さ」とは、人々にとって便利な場所に店舗があることです。これは、郊外ロードサイドの立地においては特に重要です。

このことを前回と同じように、地図を見ながら、検証していきましょう。

この道路は、道幅が13m以上ある郊外のごく一般的な自動車道路です。道路の周辺には、住宅が散在していて車で3分以内の1km圏で5000人から8000人は住んでいるものとします。地図には6ヶ所の物件が描かれています。ただし、今回は、物件とは店舗を含めた敷地全体を指します。

kougairoadside

物件A

この物件は、別の道路との交差点のごく近いところにあります。

一般的に、交差点または交差点に近い場所は、「良い」立地と言われています。それは、4方向からのアクセスが可能で、ひじょうに良い見通しであることが多いからです。そこは、多くの人々にとって便利な立地だと言えます。

しかし、この立地はともするととんでも悪立地になることがあります。例えば、この物件のように交差点に入ってくるもう一方の別道路との間に何らかの隙間、または建物があるような場合がそうです。これは、その別道路からの物件敷地への進入と退出が不可能になりやすいからです。

別道路側の信号が「青」になるとき、物件前道路の信号は「赤」になるため物件前には信号待ちの自動車が並んでしまい、そのため、事実上、進入ができなくなるのです。

また、物件に入るときの進入間口が6m以下と狭かったりすれば、物件前道路からの進入も難しくなります。こんなに「不便な」立地に人々はやってきてくれるでしょうか?

交差点立地だからと言って決して油断してはいけません。

 

物件B

この物件は、信号のある交差点同士のほぼ中間にあります。この位置を「ミッドブロック」と言います。こういうミッドブロックもできれば避けるべきです。それは、信号が青になってから車は加速していきスピードが速いと、減速しづらいことが多いからです。 自分が停まりたくても、他の自動車のスピードに連られて進んでしまいがちになります。ですから、物件の前を自分でいろいろな時間に走ってみて、停まることができる場所かどうかを必ず確認しましょう。

もう一つ、こういう立地で気をつけなければいけないこと、それは視界性です。地図には何も書いていなくても、実際は街路樹や電線・電柱、看板などがあって、物件が見えないということもよくあることです。物件が見えないということは、人々にとって「店が存在しない」ことと同じですから、必ず実査しておきましょう。

 

物件C と物件D

これら物件もミッドブロックです。しかも、この道路には、「中央分離帯」が設置されています。こういう場合は、特に要注意です。

人々にとって、自分達がやってきた元の場所に戻ろうとするとき、この「中央分離帯」が邪魔になります。来た方角に戻るには、一旦離れる方向に走行してから、どこかでUターンして戻らなければなりません。これは「不便」です。このUターンがすぐに出来れば大きな不便ではありませんが、300m以上も先になると人々にとってはたいへん不便と感じるものです。

ですから、物件Dのような立地に手を出してはいけません。

これに対して、物件Cには、裏道があり容易に来た方向に戻ることができます。これなら、少しは立地が良いと言えるでしょう。

 

物件E

道路がカーブしています。ここでは、車の進行方向に対して、左側にカーブしています。この場合、左側にある物件Eの位置を「インカーブ内側」、その反対側を「アウトカーブ外側」と言います。

物件より手前には建物があったりすることが多いので、物件Eは直前になるまでほとんど視界に入りません。したがって、「インカーブ内側」は不振店化しやすい立地です。

その反対に、「アウトカーブ外側」ならば、遠くから店や店の看板がドライバーの視線の正面に見えることになり、良い立地と言えます。

 

物件F

とっておきの良い立地になりやすいのが、この物件Fです。

ここには「○×団地入り口」と書かれたバス停があります。つまり、この道を入っていくと大きな団地があることを示しているのです。この団地の人々にとって、大きな道路に出るところにお店があれば、たいへん便利であることは言うまでもありません。

電子地図などを利用して、団地や新興住宅地を見つけその中の道がどの大きな道路に出ているかを調べると割と簡単に見つけ出せます。

こういった場所はたいへん良い立地であることが立証されています。

 

(1821文字)

 

(プロフィール)

林原安徳

はやしはら やすのり
東京大学卒業後、日本マクドナルド(株)にて「立地と売上予測」を基礎研究。現在は、多くの企業や個人をコンサルティングしている。無料メルマガにて最新の立地情報を配信している。http://www.store-open.jp

 

 
「コンビニ立地」の関連記事
●【交差点角地のセブンイレブンが閉店した。】投稿日 : 2014年3月17日
●予測!! ここにセブンが出店するに違いない。 投稿日 : 2014年8月22日
●コンビニ戦争の予測 代々木周辺 月刊コンビニ連載2011年 2月号
●激戦地「大塚」はセブンが負ける 月刊コンビニ連載2011年4月号
●人口がなくても売れる 有明  月刊コンビニ連載2011年 6月号
●直近人口が少ないローカル出店の激戦区  鶴川駅周辺  月刊コンビニ連載2011年7月号
●人口は増加中でそれなりだが、コンビニも多数出店して大激戦の篠崎駅周辺  月刊コンビニ連載2011年8月号
●優劣の結果がはっきり出そうな東小金井  月刊コンビニ連載2011年9月号
●都会の人口密集地で3強が激戦 東中野駅  月刊コンビニ連載2011年10月号
●ローカル駅での激戦 稲城長沼駅  月刊コンビニ連載2011年11月号
●22店がひしめく京急蒲田駅  月刊コンビニ連載2011年12月号
●「オーナーのための立地の見方 こんな店舗は失敗する! 第1回 住宅密集地」  月刊コンビニ連載2010年11月号
●「オーナーのための立地の見方 こんな店舗は失敗する! 第2回 郊外ロードサイド編  月刊コンビニ連載2010年12月号
●「オーナーのための立地の見方 こんな店舗は失敗する! ~第3回 競合店の多い立地編」  月刊コンビニ連載2011年1月号
●500m圏の支持人口は1101人。都内8位の激戦地 上石神井  月刊コンビニ連載2012年1月号
●巨大なポテンシャルクラスターの恩恵 品川シーサイド  月刊コンビニ連載2012年2月号
●東京としてはかなりローカルな西武新宿線の小川駅   月刊コンビニ連載2012年3月号
●東京都心と言えるほどの人口を抱える東京メトロ有楽町線の赤塚駅 月刊コンビニ連載2012年4月号
●「立地診断」クリニック 激戦地「近未来予測」  月刊コンビニ連載2012年5月号
●日大芸術学部、武蔵大、武蔵野音楽大があり、古くから学生の街 江古田  月刊コンビニ連載2012年6月号
●大手町駅から地下鉄で8駅目の葛西駅  月刊コンビニ連載2012年7月号
●都内では珍しい路面電車「世田谷線」の終起点 下高井戸  月刊コンビニ連載2012年8月号
●典型的なローカル線の駅ですが、ここは都内で4番目の激戦地 武蔵増戸  月刊コンビニ連載2012年9月号
●東京駅からJR京葉線で5駅目 新木場   月刊コンビニ連載2012年10月号
●立川駅から南武線の隣駅 西国立  月刊コンビニ連載2012年11月号
●東京メトロ半蔵門線に乗り入れする東急田園都市線の駅 桜新町  月刊コンビニ連載2012年12月号
●これは絶対だめ!「出店のタブー ワースト8」  月刊コンビニ連載2013年12月号
●2号店のための立地判断 43+39のポイント  月刊コンビニ連載2009年12月号
●コンビニ立地についての知識力チェック  月刊コンビニ連載2012年9月号
●「立地診断」クリニック 激戦地「近未来予測」第2回  激戦地はどこだ  月刊コンビニ連載2011年3月号

 

有限会社ソルブ

電話番号:048-711-7195
住所 〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP